どっちがおすすめ?ハローワークVS転職エージェントの比較対決

就職活動で利用するところといえば真っ先にハローワークが思い浮かぶかもしれません。無料でだれでも利用できるし、知名度も高いです。転職ではどうでしょうか?今回は転職をするときに利用するのはハローワークと転職エージェント、どちらがおすすめなのかを考えてみました。

どのようなサポートが受けられるのか、求人内容はどうなのか、いろいろな項目で比較してみました。良い転職先を見つけるために自分に合ったサービスを利用したいですね。

求人数が多いのはどっち対決

〇WIN:ハローワーク
ハローワークは国が管轄する公共の職業安定所なので、企業も無料で利用できるため求人数が多いです。出張所も含み全国550ヶ所にハローワークもあるので、地方の求人や中小企業などの求人が多いのも特徴です。

×LOSE:転職エージェント
転職エージェントで求人を出している企業は、採用した後に採用費を負担するので、ハローワークほどの求人はありません。しかし、転職サイトなどには載っていない独自の求人を持っているので、求職者はそういう企業を紹介してもらえれば、ライバルも少なく採用される確率もあがりそうです。

企業の質がいいのはどっち対決

〇WIN:転職エージェント
転職エージェントと契約している企業は、採用者の想定年収の30~35%の採用費をエージェント会社に支払わなければいけません。年収が400万円だとしたら採用費は120~140万円にもなります。一人にこれだけ支払えるだけの資金力があり、人材確保に前向きな企業と言えるでしょう。またエージェント会社が事前に求人の審査をしているので、求人内容と待遇が違う企業は省かれます。

×LOSE:ハローワーク
求人を出すのが無料なので、いろいろな会社が求人を出しています。中には地元の優良中小企業が求人している場合もあります。しかし、給料、仕事内容、待遇など求人票と違う会社もあります。2013年にハローワークの求人票に寄せられた苦情の約4割が実際の労働条件と違っていたそうです。

求職者の質がいいのはどっち対決

〇WIN:転職エージェント
エージェント会社には無料で登録することができますが、審査がありそこでキャリアが低いと判断された場合は登録を拒否されることがあります。採用された場合、採用した企業は採用費をエージェント会社に支払いますが、採用した人がすぐに辞めてしまった時にはエージェント会社はペナルティとして採用費を一部返還しなければいけません。そのため、求職者には年齢に見合ったキャリアや常識が必要になる場合が多いです。

×LOSE:ハローワーク
ハローワークは誰でも無料で登録・利用することができるのが長所ですが、求職者の選別をしてない分、面接に連絡もなく来なかったり、すぐに辞めてしまったりする応募者も多くいます。

サポートしてくれるのはどっち対決

〇WIN:転職エージェント
エージェント会社は転職の相談や、求職者が登録した内容から客観的に判断して求職者にあった会社を探して紹介してくれます。面接日程の調整や履歴書・職務経歴書の書き方、求職者が直接聞きにくい待遇のことや交渉までやってくれます。エージェント会社によっては、模擬面接をしてくれる場合もあります。忙しく働きながら転職先を探している人には、とても頼りになる存在だと思います。

×LOSE:ハローワーク
職員が求人している企業を調べたりしていないので、いわゆるブラック企業を勧めてくることがあります。相談窓口で就職相談ができますが、いい企業があったからとハローワークの職員から連絡があるということはありません。

採用されやすいのはどっち対決

〇WIN:ハローワーク
ハローワークは求人を掲載する企業も無料、求職者も無料で登録ができます。そのため、とりあえず採用してみる企業もあります。

×LOSE:転職エージェント

エージェント会社を利用していたから受かったという場合もあるようですが、採用した企業は一人100万円単位の採用費をエージェント会社に支払うので、同じくらいのスキル、面接での印象も同じくらいなら、エージェント会社を利用していない応募者が採用されるでしょう。応募者に採用費に見合った高いスキルを期待する企業もあります。

年収がいい会社が多いのはどっち対決

〇WIN:転職エージェント
登録している企業は、人材を確保するためにお金をかけられる会社なので年収も平均~高めです。エージェント会社が年収の交渉もしてくれるので、交渉次第では、現職より数十万~数百万アップできることもあるようです。

×LOSE:ハローワーク
地方や地元の企業が多く登録しています。中には掘り出し物と言われるような求人もあるようですが、大企業より中小企業が多いので年収も低めの求人が多いようです。求人票のお給料より実際もらった給料が低いといこともあるので、よく見極めることが必要です。

まとめ:ハローワークと転職エージェント、結局どっちの方がいいのか?

ハローワークにしても転職エージェントにしても、求職者は無料で利用できるのは便利で利用しやすいと思いました。

しかし、調べてみると断然転職エージェントの方がお勧めできると思います。在職中の転職活動は時間もなく大変ですが、面接の日程調整などはエージェント会社がやってくれます。それだけでなく、転職相談、履歴書や職務経歴書のアドバイス、希望する企業の詳しい情報、年収の交渉までやってくれるのです。

他のサイトには載っていない求人も紹介してくれるのは、かなりのメリットだと思います。場合によっては、入社試験で高いスキル・人材を求められることもあると思いますが、それがクリアできれば転職によるステップアップも可能だと思います。転職エージェントを利用するに当たりあまりデメリットがないように感じました。

ハローワークは採用する企業側も無料で利用できるので、本当は採用するつもりはないけれど、人を雇う余裕があることを見せつけることが目的の「空求人」というものがあったりするそうです。2013年にはハローワークの紹介で入った企業が求人票の内容と違うという苦情が9000件あり、その中の4割が実際の労働条件と違う「うそ」を書いていたことには驚きを隠せません。国が管轄しているということで、ハローワークは安心というイメージがある人も多いのではないでしょうか?

キャリアがあまりない人、転職が多い人、結婚・子育てなどでブランクがある人、とりあえずすぐに働きたい人には、ハローワークの方が仕事を見つけられやすいと思いますが、今回はあまりデメリットがないように感じた「転職エージェント」を勝者とします!