人材派遣会社の給与と福利厚生について

派遣スタッフとして働く上で気になるのが、給与面と福利厚生ですよね。
給与も福利厚生も派遣先企業からでるものではありません。あくまでも登録した派遣会社からによる支給となります。

給与面で派遣社員は、雇用先企業で社員より実力があっても給与に反映されないといったことがあります。しかし、雇用保険、社会保険や有給休暇等の福利厚生は色々と労働条件により違いはありますが法律通り付与されます。

派遣会社での給与と福利厚生面に関する事を総合的にまとめました。派遣スタッフで在籍するメリット、デメリットがわかります。

派遣社員でもクレジットカード作成やキャッシングは可能なのか?

派遣社員として登録していてもクレジットカードは作成可能?

経験やスキルを活かしながら働けて、業務の範囲が明確な仕事として、派遣社員という働き方を選ぶ人が増えています。

お茶くみや雑用などの本来業務でない仕事をする必要がなく、集中して職務をまっとうできるというメリットがあります。

ただ、派遣社員は期間限定で働くスタイルであるため、安定収入という点で信用がないと思われがちなマイナス面があることも確かです。

続きを読む

派遣社員の給料や収入についての情報まとめ

派遣社員の平均時給はどのくらい?

派遣社員の長所は、働く時間が決まっており残業などがほとんどないことと、希望職種にピンポイントで就けること、また時給がいいことが挙げられます。

時給は職種や派遣会社によっても様々ですし、また自身の持っているスキルによっても違ってきます。

首都圏などの大都市圏か地方都市かによっても若干の違いがあります。

続きを読む

派遣社員の税金について

派遣社員の税金は天引きされるものとされないものがある

派遣社員も、当然ながら所得税や住民税などの税金を納める義務があります。

所得税は国税で、1月1日から12月31日までの1年間の所得を予想したものから税額が先に計算され、それを12で割った金額が毎月のお給料から源泉徴収されていきます。

一方の住民税は地方税で、前年の1月から12月まで1年分の所得から計算して次の年に納税していきます。

例え去年で仕事をやめてしまい収入が減ってしまった場合でも、前年の収入に応じた金額を支払わなくてはなりません。

続きを読む

派遣社員も条件次第で社会保険など各種保険への加入義務がある

社会保険とは健康保険と厚生年金保険のことですが、前者は病気や怪我をした時に医療費の負担を軽くしてくれるもので、後者は年を取って働けなくなった時の老齢年金となるものです。

両方とも将来を見据えて安心して生活していく上で非常に大切になってくる保険制度といえますが、正社員だけでなく派遣社員でも一定の条件を満たしていれば加入しなければならないことになっています。

誰しもがいつ病に倒れて働けなくなり、収入がストップしてしまうかはわからないものです。

そのような時に保険に入っていれば手当が支給され安心して病気の治療に当たることができます。

例えば、被保険者が病気や怪我で連続して3日以上仕事が出来なくなった場合、4日目から賃金の日額の3分の2に相当する額が手当金として支給されることになっています。

また、同様に老後も安定した生活をしていく上で老齢年金は欠かせないものといえるでしょう。

続きを読む

派遣社員が受けられる福利厚生とは

これまでの福利厚生といえば正社員のみが手厚いサポートを得られているイメージがありましたが、最近では派遣社員も数が増えるに伴い正社員並みに福利厚生のメリットを享受できるようになっています。その基本となるのが各種保険制度です。

以前は何の保険にも入れないことが一般的でしたが、厚生年金や健康保険などの社会保険、仕事中の怪我などに対して支払われる労働保険などに加入できる場合があります。

もちろん、労働時間など一定の条件を満たしていることや登録した派遣会社の方針にもよりますが、保障されているということは安心して働き続ける上で大きなメリットになるといえるでしょう。

この福利厚生がない場合には、国民年金や国民健康保険料などを自分で支払わなければならず、金銭的に大きな負担となるものです。

続きを読む