派遣社員の労働基準法で認めらている権利

派遣社員も働き手である以上、労働基準法によって労働者としての権利が認められており、正しく行使していく必要があります。

一般的に正社員よりも派遣社員は権利が狭く、要求できる項目も少ないと思われがちですが、派遣社員でも休暇や保険などについて権利が保証されています。

たとえば有給休暇ですが、派遣社員でも取得は可能です。有給休暇は基本的に雇用形態にかかわらず、労働基準法の基準を満たしていれば取得できることになっています。

覚えておきたいのは、同じ派遣会社で6ヶ月以上継続して勤務していることと、その6ヶ月の出勤率が80%以上であることのふたつです。派遣先が短期間で変わったとしても、同じ派遣会社に所属して働いているのであれば、有給休暇は取得できます。

たとえば週の所定労働日数が4日で1年間の所定労働日数が169日以上あるとき、勤続年数が6ヶ月を超えた時点で7日間の有給休暇を取得できます。

また、有給休暇はいつでも取得していいことになっており、本人の希望する日に自由に取得できることになっています。

また、産休も派遣社員は取得可能です。労働基準法では、6週間以内に出産の予定日がある女性が休業を請求した場合には、働かせてはいけないことになっています。

また、社会保険も派遣社員は加入できます。一定の条件を満たしていれば、健康保険にも厚生年金にも加入できますし、雇用保険も受けられます。

たとえば1週間の所定勤務時間が正社員のおおむね4分の3であり、雇用契約を結ぶ期間が2ヶ月を超える場合には、健康保険・厚生年金保険はもちろん、介護保険・雇用保険とすべてに加入できます。

厚生年金は正社員の場合と同じく、派遣会社と労働者本人が折半して支払うことになっています。

保険は本人や派遣会社の意思で加入未加入を決めることはできません。

加入の規定に沿っていれば加入する義務が生じます。

また、2012年に派遣法が改正され、社会問題化していた日雇派遣が原則禁止になっています。

日雇派遣は、短い期間で雇用を打ち切ることを可能にする制度です。

働く人が働きやすい環境を作るのが会社の責任のはずですが、それが守られないことによって労働災害の発生の原因となっていました。

そのため、労働契約が30日以内の日雇派遣が禁止されることになりました。

これによって、製造業などで問題になっていた短期間で雇い止めにあうというケースが激減したと言われています。

派遣業務は今後さらに拡大していく可能性があり、派遣社員の権利も拡充すると予想されています。

派遣会社で登録してアルバイトを探そう

派遣会社に登録してアルバイトをおこなう場合は、雇用契約を派遣会社と結びます。

アルバイトやパートの場合は、働き先と直接雇用契約を結ぶ事になります。

派遣会社に登録して働く場合のお仕事は、お仕事内容や期間、時給などについて派遣会社と派遣先との間で事前に交渉され決められています。その為、残業や休日出勤などは一般的にありません。

また、派遣会社に登録する際にご自身の希望を伝えてからお仕事を紹介してもらうので、ご自身の希望にそったお仕事で働ける確立が高いです。

続きを読む

再就職を探されている方は派遣会社の利用を検討しよう

再就職の為に就職活動をおこなわれている方は、正社員雇用を目指しておられる方も多いです。しかし、就職活動が長期間に及んでいる方は派遣社員として働く事を検討されるのも良いでしょう。

なぜなら、派遣社員は働く期間が決まっている為正社員としての就職活動をおこないながら働きやすいからです。

また、雇用保険等の社会保険にも加入できるので失業中も安心して働く事ができます。

さらに、正社員としての就職が決まった場合は契約更新の1カ月前に契約更新しない旨を派遣会社に伝える事で派遣契約終了とする事ができます。つまり、収入や社会保険を確保しながら再就職をおこなえるのです。

失業保険手当が終了する前に、毎月の収入が大幅に減少しない為にも派遣社員として働く事を検討してください。

派遣社員は、一般的にアルバイトやパートよりも時給が高い場合が多いのも魅力です。

続きを読む

未経験者でも派遣社員としてお仕事が見つかる 

派遣社員のお仕事を探されている方は、ご自身の過去のお仕事経験を活かしてお仕事を探される方も多いです。

なぜなら、派遣社員の求人をされているお仕事先は資格やスキルを持った即戦力となる人材を求めておられる企業が多いからです。

その理由は、急な退職や忙しさの為に人材が必要になる場合が多いからです。

この事から、未経験の業種や職種では派遣社員として働く事が難しいのが現状です。

続きを読む

外国人の方も派遣会社に登録してお仕事が探せます 

外国人の方が日本で働き口を探される場合は、派遣会社に登録されて派遣会社にお仕事を探してもらう方法もあります。最近は企業の国際化も進み、以前より外国人の方もお仕事を探しやすくなっています。

派遣社員は、働く会社ではなく派遣会社と雇用契約を結びます。

決まった時間や期間、休日を決定してから働きますので、ご自身の都合に合わせて働きやすいのも人気の理由です。

しかし、契約が必ず更新される保証はありませんので、長期的に働きたい方はしっかりと検討する必要があります。

続きを読む

ニートの方も派遣会社にまず登録しよう 

ニートとは、さまざまな理由から就学や就労、家事、職業訓練などをおこなっておられない方を指す言葉です。

ニートになられる理由はさまざまで、求職中の方や病気でお仕事をできない方などもおられます。また、一般的に若い方を指す場合が多いです。

現在ニートの方が求職活動をされる場合は、さまざまな雇用形態のお仕事のなかから選ばれる事になります。

雇用形態には、アルバイトやパート、派遣社員、正社員などがあります。アルバイトやパート、派遣社員は、時給制で働く場合が多いです。

続きを読む

派遣会社に登録される主婦の方も多い

給料・福利厚生の画像

最近では、多くの主婦の方が派遣会社に登録されて派遣社員として働かれています。

なぜなら、派遣社員としてお仕事を探す場合はご自身のさまざまな希望条件を伝えてからお仕事を探してもらえるからです。

例えば、子供が学校に行っている10時から15時まで働きたい、残業はできない、土曜日曜は休みたいなどの細かな希望を伝えられます。

つまり、お子様がいらっしゃるご家庭で働ける時間帯や週間勤務日数が少なくても融通の利くお仕事を探してもらえます。

その為、主婦の方も働きやすいのです。

また、アルバイトやパートよりも時給が高い事が多く収入向上につながるのも魅力です。

さらに、社会保険にも加入できるので安心して働く事ができます。

税金の優遇を受けたいのでご主人の扶養からはずれたくない方などは、お給料が年収103万円以内におさまる様なお仕事を探してもらう事も可能です。

続きを読む

30代、40代、50代、60代と年齢別でおすすめの派遣登録

30代の派遣登録について

30代ビジネスマン

派遣会社に登録して派遣社員として仕事をしようとする人には、30代以降の年齢の人も大勢います。しかし派遣会社に登録する30歳以上の年齢の人は、仕事が紹介されにくいのではと心配している人も要るでしょう。

これは、派遣社員の求人に限った事ではなく、正社員の求人や雇用についても同様です。

実際、30歳以上の求人は正社員と派遣社員であれば派遣社員の求人の方が需要は高いです。

求人情報で求職している人には、人それぞれ自分自身の経験や職種、女性であれば結婚して子供がいるとか、職種内容などに希望がさまざまあります。

こだわりがある方には、派遣社員の方がお仕事を探しやすい場合もあります。例えば、子供がいる家庭ではフルタイム勤務ではなく働く時間帯や休みを子供の生活に合わせたいという人も多いです。

正社員よりもそのような希望に添いやすいのが、派遣社員です。また長期間休職していた場合でも、自分自身の資格や過去の職務経験をいかせる仕事を探しやすいです。

その為、即戦力として仕事先で活躍できるのでたとえば一流企業の職場にもなじみやすくなります。

続きを読む

大学生が登録制の派遣で働くさまざまなメリット

大学生には、講義、試験、卒論、就職活動、サークル、アルバイトなどやることがたくさんありますが、夏休みや春休みなど、高校生までや社会人と比べてはるかに長い休暇があります。

そんな大学生には様々な求人情報においても職種があると評判の登録制システムの派遣の仕事がオススメです。

続きを読む