国際化社会の到来によって通訳者が活躍できる場面が増えている

通訳が必要とされる場面は、今後ますます増えていくでしょう。

会議通訳、放送通訳、商談通訳、通訳ガイド、芸能通訳、法廷通訳、ボランティア通訳など、さまざまな場面で活躍できるチャンスがあるので、外国語に堪能な方で通訳に興味のある方は、ぜひ通訳者を目指してください。

通訳者に求められる言語でもっとも需要が高いのは英語ですが、それ以外にも、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、ベトナム語、タガログ語、ペルシア語なども、一定の需要があるので、多言語話者には有利な状況です。

参考⇒貿易事務では派遣社員であっても高い語学力と専門知識が必要

外資系の企業では、社内に専属の通訳者を常駐させているほか、海外に常駐する通訳者の数も増えています。

通訳といっても、必要とされる場面に応じて方法が異なります。まず、アドホック通訳と呼ばれる、少人数の日常会話で使われる手段があります。

これはお互いの言っていることを伝えることを目的に、臨機応変に通訳しますが、決まった形式があるわけではありません。

逐次通訳はその名の通り、話し手がしばらく話した後で、通訳者が逐次それまでの内容を通訳していくという方法で進められます。

講演、会議、商談、外交交渉などに用いられる手段で、専門的な内容になることも多いので、通訳者は事前に十分な準備をすることが求められます。

同時通訳では、通訳者がブースに入って、発話者の発言をヘッドフォンで聴きながら、会場の聴衆にマイクで伝える方法が採られます。

発言を聞きながら瞬時に内容を理解し、かつ、同時に話さなければならないので、極めて高い集中力を要するスタイルです。

通常、3人ぐらいのチームで、15〜20分ごとに通訳者が交代して訳していきます。

使用言語が多数に渡る国際会議や放送通訳などで用いられるやり方です。

通訳者になるのに決まった方法はありません。ひとえに実力次第ですので、確固とした語学力が基盤となりますが、外国語に堪能というだけでは通訳は務まりません。

通常の会話とはまったく異なる特殊能力となるので、一般的には通訳学校などで専門的に学ぶ人が多いです。

資格や免許といったものは特にありませんが、日本通訳協会のが実施する通訳技能検定を目安にすることはできます。

派遣での通訳の求人は、国際会議のような極めて専門性の高い同時通訳の案件よりも、日常会話レベルのアドホック通訳や、外資系企業における会議通訳などの方が、数は多いです。

報酬も求められるレベルに応じて違いがあり、一般的な派遣社員レベルの時給から、時給3000円以上の案件まで、実力に応じて千差万別です。

参考⇒派遣社員の給料や収入についての情報まとめ