未経験から貿易事務を目指す場合、輸出書類の作成からスタート

輸出書類の作成の仕事は、海上輸送を行う物流会社や通関業者などの貿易関連業者、貿易にまつわる取引や手続きの代行業者などで必要な仕事です。

貿易事務の最も基本となる業務のひとつといってよいでしょう。

未経験でこうした企業に入社した場合、貿易事務の経験がない人が最初に任せられる仕事でもあります。

ただし、貿易に関する基本的な用語や知識、書類作成の手順・様式など身に付けておかなければならないことがありますので、簡単な仕事というわけではありません。

海外企業との取引になるので、英語がある程度操れることが必須となりますし、パソコンの操作が中心となるので、基本的なパソコンのスキルと、迅速かつ正確な処理能力も求められます。

派遣会社に求人が来る貿易関連の仕事では、専門知識と英語力が必要になるので、即戦力になり得る経験者が求められることがほとんどです。

ただし、貿易関連の仕事に就くべく基礎知識を勉強している人や、英文の入力スピードが速い人、通関士や貿易実務検定試験などの貿易関連の資格を取得している人であれば、実務経験がなくとも紹介可能な求人はあります。

その場合、基本的には倉庫での貨物管理事務、英文の輸出入書類のチェックや作成などアシスタント的な業務からスタートすることが一般的です。

貿易関連の求人を多く扱っている派遣会社ならば、貿易事務の経験がない人を対象に登録会を兼ねたセミナーや研修を開いているところがあります。

そこでは、貿易関連の仕事にはどんなものがあるのか、貿易の仕事に携わるためには何をどれぐらい勉強したらよいのかなどといったことが、実務経験豊富な担当者からアドバイスしてもらえるでしょう。

その後は、貿易実務検定試験を受験するなどして、基本的なスキルを身に付けることが採用への近道となるでしょう。

輸出書類の作成といったアシスタント的な業務からスタートする場合、時給は一般事務や営業事務より低いところから始めるケースが多いです。

一般事務より高い専門性を身に付けなければならず、企業にとって戦力となるまでには時間がかかるので、研修期間を含めた給与としてみなされるわけです。

求人の内容に「時給○○円〜××円」のように表記されていたならば、未経験者であれば最低時給からのスタートとなると考えた方がよいでしょう。

また、未経験者であれば、貿易の仕事に慣れるまでにはある程度の時間がかかるので、残業が発生することも十分考えられます。

貿易業界自体、全体的に残業が多い傾向にあるので、月に20〜30時間程度の残業は覚悟しておいた方がよいでしょう。