ブッキング業務が必要なのは海上輸出を行う物流会社

ブッキングとは貿易用語のひとつで、航空会社や船会社などにスペースの予約を取ることを意味します。

ブッキング業務とは、物流会社で海外企業との取引のために船積の手配をする業務となるので、海上輸出で必要となる業務であり、大きく分けると貿易事務の範疇に入る仕事になります。

ブッキング業務の仕事は、海上輸出を行う物流会社ならどこでも必要な業務であるため、求人件数の多い仕事です。

ただし、ブッキング業務のみの従事でOKという企業は多くありません。

ほとんどの企業では、ブッキング業務と同時にそれにともなう事務作業が必要となるため、お客様や取引先との電話・メール対応、書類作成、船積のスケジュール管理、受発注処理など付随する業務ができる能力が求められます。

ブッキング業務に必要なスキルとしては、お客様との密接な連絡やコミュニケーション能力が第一に挙げられます。

悪天候時には安全性を考えて迅速に状況判断する必要に迫られることもあるので、臨機応変に対応できる力が求められるでしょう。

それに、貿易についての基本的な知識は最低でも必要となります。通関士や貿易実務検定試験の資格があればアピールになるでしょう。

また、取引先は海外の企業であることが多いため、英語力が高い方が有利です。

とはいえ、英語力が必要となるのは英文の書類を処理する場面ですので、英会話能力よりもリーディングとライティングのスキルが重視されます。

中には、英語が不要という求人もありますが、その分時給は低くなる傾向にあります。加えて、書類作成のためのOAスキルは必須です。

派遣のOA事務の仕事内容は?

ただし、定型文書や内容の決まった形式の書類が中心ですので、それほど高度なスキルが必要というわけではありません。

ワードやエクセルが不自由なく扱える程度で十分に戦力になります。

以上のような業務となりますので、貿易関係の企業での経験がある人の方が求人では優遇されます。

派遣の場合は即戦力として迎えられる場合が多いので、単なる事務経験というより、貿易事務の経験が最優先されるところも多いようです。

しかし、未経験者だからといってチャレンジできないわけではありません。

貿易関連に力を入れている派遣会社では、セミナーやスクールを開いているところがありますし、企業によっても事前研修があるところが多いので、本人の努力次第で就業に必要な知識はつけることができます。

経験者ならば時給1600円以上、月収なら30万円以上も可能な仕事になります。

未経験者の場合や英語が不要な場合はそれより少し下がりますが、それでも時給1200〜1300円からのスタートというところが多いです。