技術翻訳において自分の専門分野を作ることの重要性

翻訳の仕事内容には文芸翻訳、技術翻訳などありますが、どれも日本語を外国語に、または外国語を日本語に訳す仕事です。

出版される書籍の翻訳、外国製品、もしくは外国向け製品の取扱説明書の翻訳、また、来日した外国のビジネスパートナーが作成したドキュメントなど書類における翻訳など、翻訳と一口で言ってもさまざまな場面に活躍の場があります。

もちろん、そのどれもが高い英語力・語学力を必要としますが、翻訳能力は単なる語学力以上の能力ですから、専門の訓練を通じて身に付けた技術が要求されます。

そして翻訳する書籍は英語だけとは限らないため英語スキルだけでは無く、中国語など他の言語についても学んでいると良いでしょう。

出版物の翻訳業務内容としては、文芸作品の翻訳は、数が少ない上に専門の翻訳家が担当することがほとんどですから、派遣の仕事でそうした求人はないと考えてよいでしょう。

それに、文芸翻訳は、単なる翻訳能力だけでなく表現力など芸術センスが必要な上に、そもそも出版数が限られているので、これだけで生計を立てられる人はほとんどいません。

また、学術書の翻訳となると、その分野の研究者が行うことがほとんどですので、派遣で翻訳する機会はないでしょう。

というわけで、派遣で出版物の翻訳に携わる場合は、各種パンフレットや解説書の類となります。

人材派遣会社に求人が来る翻訳のほとんどは技術翻訳となります。

技術翻訳とは、機械の設計書や技術資料、家電製品やパソコンの取扱説明書、医薬品の説明書といったマニュアルのための技術系の翻訳です。

扱うものによって専門分野が違うので、これらの翻訳の前には、それに関連するボキャブラリーなどを調べなければならないといった難しさはありますが、文芸翻訳のように創作能力や芸術センスは不要です。

基本的には、誰もが読んで理解できるようなわかりやすい文章を作ることが求められます。

一定の語学力がある人がそれなりの修練を積めば、十分にやっていける仕事です。

技術翻訳の仕事は、企業に属してフルタイムで働く形もあれば、案件1件ごとの契約となる単発の場合もあります。

参考⇒平日のみの仕事と単発派遣を組み合わせれば高収入も可能

派遣会社から企業に派遣されて翻訳に従事するというケースも少なくありません。

いずれにせよ技術翻訳は、その翻訳対象の分野ごとに単純な語学力だけで無く専門的な知識を必要とするので、ひとりでオールジャンルの仕事を請け負うということは簡単ではありません。

それよりも、電化製品、IT、医薬品、ビジネスなど、自分の得意とする専門分野を作って、それに関しては誰にも負けないだけの知識を蓄えておくことが、需要を途切れさせないためのコツとなります。

派遣の翻訳は即戦力が求められるので、派遣会社に登録したら自分の希望する得意分野の求人情報がないか常に目を光らせておき、募集があればすぐに応募できるように、日々語学力の向上を図ることが大切です。