未経験から派遣で通関事務の仕事を目指す人へ

通関事務とは貿易事務のひとつの業務で、業務内容は通関手続がメインとなります。

通関手続とは、貨物を輸出入する際に税関に対して貨物情報などの必要事項を申告し、その許可を得るまでの一連の手続きのことを言います。

通関事務では、貿易契約の締結に必要となる船積書類の作成が欠かせません。海外との貿易契約ですので、当然ながら英語力が必要です。

ただし、正確で迅速な書類作成が求められるので、会話力よりも英語のリーディング・ライティングのスキルが重要視されます。

税関へ提出する書類ですので、その内容は一字たりとも間違いがあってはいけません。

その書類作成作業をどれだけ慎重に正確に、かつスピーディーに処理できるかという能力が問われますので、通関事務を目指す人には、普段から英語のリーディング・ライティングスキルを伸ばす努力が欠かせません。

また、貿易の知識は不可欠です。実務経験がない場合、貿易実務検定のC級レベルは取得しておくべきでしょう。

通関事務の求人では、応募資格として通関士や貿易実務検定の資格が必須となっているところが多いので、未経験からチャレンジしようという人は、専門学校や貿易事務専門の派遣会社が行うセミナーなどに参加して、仕事に使えるだけの基本的知識を身に付けておきましょう。

現在、通関事務の職場で働いている派遣の人の多くは、それまでに貿易関係の勤務経験者である場合がほとんどです。

確かに未経験からのチャレンジはハードルが高いですが、アシスタント業務からスタートできる企業もあるので、勉強する意欲を持っているなら、十分にチャンスはあります。

通関業務では、全体的な仕事内容が同じであっても、取り扱う商品や手続きの内容によって必要な知識が異なるので、すでに通関士として現場で働いている人でも、知識の習得に終わりはありません。

また、法律も変化していきますから、常に新たな知識を吸収しようという知識欲旺盛な人でないと、派遣だからといって気軽に続けていくことは難しい仕事です。

通関事務として働いている人に、仕事の上での喜びを尋ねると、日々学びながら苦労して作成した書類が税関を通過した時だと答える人が多くいます。

普段目にする外国からの輸入製品のすべてが、通関業務がなければ国内に持ち込まれることはないものだという意識が、仕事への情熱へとつながっているようです。

たとえ今は貿易関連業務や通関業務の経験がない人でも、同じように高い意識が持てる人、貿易業務のスペシャリストに絶対なるんだという強い意志を持っている人なら、雇用への道は遠くないでしょう。

参考⇒貿易事務では派遣社員であっても高い語学力と専門知識が必要