貿易事務では派遣社員であっても高い語学力と専門知識が必要

事務職の中でも、貿易事務は専門性の高い仕事です。事務の経験がある人で、さらなるキャリアアップを目指す人、海外に関わる仕事に就きたい人、国際物流業に興味のある人などにおすすめの仕事です。

貿易事務と一口に言っても、業務内容は業界・業種によってさまざまです。

商社、メーカー、船会社、NVOCC、海貨業や保税倉庫などの通関業者、フォワーダーなど、貿易事務として働ける業種は多岐にわたります。

商社やメーカーでは海外企業と交渉する仕事がメインとなりますし、通関業者では輸出入の手続きの代行業務が中心となります。

また、船会社やフォワーダーでは国際輸送業務に従事することになります。

これらはまったく異なる仕事内容なので、貿易事務とひとくくりにして業務を定義することはできないのです。

それぞれの業種における具体的な仕事内容は以下の通りになります。

商社やメーカーでは、海外企業との交渉が主になるので受注・発注、船積の手配が中心となります。

通関業者とは、税関長から許可を得て税関申告や法令手続を行う企業のことで、その仕事内容は、商社やメーカーから依頼を受けて、輸出入する貨物の通関書類を作成したり、船積、荷卸し、通関にかかわる一連の業務を代理・代行したりします。

船会社とは、自社の船舶を持ち、旅客や貨物を輸送する企業です。

また、船会社に代わって船舶の入出港手続きや貨物の集配などを行う企業を船社代理店と言います。

フォワーダーとは、さまざまな運送手段を組み合わせて、貨物の運送をコーディネートする企業になります。

NVOCCは聞き慣れない人もいるでしょうが、日本語では非船舶運航業者のことを指します。

自社に国際輸送手段を持たない代わりに、他の業者の海上輸送手段を使って、顧客からの貨物をひとつに集約し、目的地まで最適なルートで運ぶ運送業者です。

これら以外にも、海上保険会社、信用保険会社、税関等、貿易に関連する企業で貿易事務は必要となります。

以上が主な勤務先となるので、貿易事務の仕事に就業することは実務経験の無い未経験者にはハードルが高いと言えるでしょう。

英文書類作成能力と貿易の基礎知識は必須条件となりますので、英語力があり英文の処理速度の速い人や貿易に関する資格を所持している人が有利になります。

しかし、未経験であっても書類のチェックや輸出入貨物の管理などのアシスタントからスタートして、貿易事務に必要な知識や業務の流れを覚えていくことで、ステップアップすることは可能です。

参考⇒未経験から貿易事務を目指す場合、輸出書類の作成からスタート

どうしても貿易事務の仕事がしたいという人には、貿易事務に特化した派遣会社ではセミナー講座の開催や研修制度を取っているところもあるので、まずはそういうところに登録して勉強とスキルアップを行ってみるとよいでしょう。