物流業での仕事内容は派遣先によって大きな違いがある

人材派遣会社の求人の中でも際立って数が多く、大量募集されやすいのが運輸関係、物流業界の仕事です。

物流とはその名の通り、物を流通させることを意味し、生産物を消費者へ届けるという一連の仕事全般を指して物流業といいます。

その内容は、製造メーカーなどから出荷されてきた製品等荷物の保管、荷役、輸送・配送、包装、流通加工、物流情報処理に分かれており、具体的には主に運送業者や配達・配送業者が受け持つ仕事になります。

物流の求人には、実際に生産物を届ける運送や配達の仕事だけでなく、工場や倉庫内での製品の仕分けや検品、ピッキング、梱包、ラベル貼りなどの作業系の仕事が含まれるので、一口に物流と言っても職種や業態はさまざまで、会社によっても部門によっても、仕事内容が大きく異なります。

物流では、機械、食品、衣料品など、取り扱う生産物はさまざまなので、物流に必要なスキルや資格をひとくくりにまとめることはできません。

したがって、派遣で従事する業務には、一般的に応募資格の条件にはそれほど専門性の高い資格は求められていない場合が多いと言えるでしょう。

輸送手段も、企業や扱う品目によって、トラック、鉄道、船舶、飛行機などに分かれているので、必ずしもトラックを運転できる免許が必要ではありません。

とはいえ、工場や倉庫内での集荷作業や荷受け作業に従事する場合は、どこであれフォークリフト免許はあった方が採用されやすいでしょう。

もちろん、物流に携わる人がすべてフォークリフトに乗る必要はないので、無資格、無免許であっても、できる仕事はたくさんあります。

ただし、派遣先の企業によっては、入社後にフォークリフト免許取得の支援があったり、大型自動車免許や屋内クレーン免許を持っていると優遇されたりすることもあるので、応募先の企業についてあらかじめ調べておくとよいでしょう。

参考⇒派遣会社の登録はどこがいい?派遣会社探し方のポイント

物流の仕事全般について言えることですが、生産物を消費者に届けるまでの一工程を担うことになるので、その業務に勤務するに当たっては責任を持って次の工程にバトンを渡すことができる人でないと務まりません。

また、業務によっては、重量物を運ぶ必要があったり、かがんだままの姿勢で仕事をしなければならない場合があったりするので、体力に自信のある人、腰痛持ちではない人が好まれます。

また、機械の操作や乗り物の運転に興味がある人、得意な人にとっては、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

しかし、健康に不安がある人や慢性的に身体に痛みを抱えている人には、厳しい仕事になる可能性が高いので、応募の前によく検討した方がよいでしょう。