商社マンとはグローバルに活躍する仕事

商社の職を希望なさっている方には、グローバルな活動をしたいと望んでいる方が多い事でしょう。

全世界に存在する食料品から石油や石炭などの天然資源、自動車などの製品に情報関連に至るまで、世の中のありとあらゆる商品を発掘し、必要とする市場に持ち込む事が商社の主な仕事です。

このように、幅広い分野から商品を総合的に扱う商社を総合商社と呼びます。

日本では伊藤忠を始めとした大手7社が有名でしょう。

一方、特殊なマテリアルに特化した、ある種の食材を専門に取引している専門商社も日本では多数活動しています。

製造メーカーにとっては低価格で長期間の在庫リスクを軽減しながら、品質の確かな原材料を調達する事は重要なポイントになっています。

そのために商社は独自のノウハウとルートをもって、各メーカーに代わり仕入れを安定供給する役目も担っています。

要するに商社は売り手と買い手の仲介者だと言えます。

ですから、商社マンたちに必要な能力や資質とは、世界中の生産現場の情報を掘り下げて収集し、効果的な取引のために交渉していく能力だと言えるでしょう。

商社マンはグローバルに新たなビジネスチャンスを見出す力が求められる職種です。

人材派遣会社の募集要項を見ますと、貿易事務の実務経験がある方とか、国際交流の実績を持つ方が求められています。

もちろん英語力や中国語、その他の言語に長けている事もアピールになりますし。

また、情報収集能力や海外でのコミュニケーションスキルも大事な資質です。

しかし、この能力は表現する資格もなく、説明し難い事項ですので直接面接にて判断するのが通常です。

ですから、派遣会社での面接ではしっかりと経験や能力をアピールするようにオススメします。

また、商社の仕事内容には外勤と内勤があります。事務作業のような部分で活躍したいと望んでいる方でも適した職場が用意されています。

派遣会社によっては商社への派遣に優れた会社とあまり実績や経験の無い会社とがありますので、選ぶ際は慎重に確認してください。手持ちの求人数やその内容を確認すれば、ある程度は理解できるでしょう。

参考⇒人材派遣会社の人気ランキングからおすすめの派遣登録先を探す

また、スタッフの方に会社の実績を説明してもらう事も有効です。

個人の能力を評価し難い分野の仕事ですので、専門のコーディネート担当者が在籍している派遣会社を選ぶ事も得策です。

また、給料を含む待遇面に関しても詳しく伺っておきましょう。将来の展望を伝えて、それに適う雇用体系を得られるのであれば、安心して就職をする事ができるでしょう。

参考⇒派遣社員の給料や収入についての情報まとめ