編集の仕事も派遣でOK!

編集派遣の仕事は出版社において、もっともアグレッシブな部分に携わる仕事でしょう。主な仕事内容は企画の立案から制作までです。

そこにはすべてを手造りで創作していく醍醐味があります。

制作にあたってはライターやカメラマン、デザイナー、制作者などのプロフェッショナルな人材がチームを組んで活動をしていきますので、仕事における刺激も多く達成感の高い職種だと言えるでしょう。

編集の業務内容はそんなチーム編成の人選から、制作に関わる専門家たちのスケジュール管理、制作進行管理まで行って、販促物や情報誌といった出版物、広告用のパンフレット、ネットのWebサイトなどの作成をしていく仕事です。

応募資格に条件を付けず未経験者でも採用をしている業種ではありますが、ある程度は業界に対する知識を持ていると有利でしょう。

また、企画力や管理能力、情報収集能力にコミュニケーション能力を必要とする業種でもあります。

また、最終チェックとしての校正作業もあり、編集と校正の技能検定が有利に評価されるのは確かですが、基本的には経験と実績が重視されるのが特徴の業種です。

そんな編集の求人に関しては専門色が強い事もあり、一般の求人募集ルートよりは派遣社員としての応募が有利かもしれません。

個々の能力を面接時にアピールするのは難しいものです。でも、派遣会社を通して行えば的確に伝える事ができます。

また、出版の業界ではフレキシブルな仕事環境になっていて、朝は割と遅い時間から始まりますが、夜遅くまで作業が続くことも珍しくありません。

正社員や現地採用のアルバイトであれば、その都合を優先して深夜の仕事をする必要も出てくるでしょう。

ですが派遣社員であればその点をしっかりと線引きし、残業をせず個々の望む勤務時間を通す事も可能になります。

参考⇒派遣社員とアルバイトや契約社員、正社員との違いは?

また、編集の職に就くのであれば必要となる資格がいくつかあります。

基本的にはワードやエクセルのスキルではかなり高いレベルを要求されますし、英語力やその他の語学力もその能力によってしっかりと評価される職場です。

派遣会社によってはその点を的確にアピールできるところとできないところが出てくるでしょう。

ですから、人材派遣会社を選ぶ事はかなり重要なファクターになります。

紹介実績が高い派遣会社を選ぶのは言うまでもありません。

それに加えて、紹介できる求人数が多い事と派遣後のアフターケアがしっかりとシステム化している会社を選ぶ様にしてください。

派遣で最も難しいのは職場でのポジションの取り方だとも言われています。

派遣社員をしっかりとサポートしてくれる派遣会社であれば、安心して働くことができるでしょう。