お客様サポートセンターは派遣社員の活躍の場

お客様サポートセンターの仕事は、主にコールセンターなどで、テレコミュニケーターとしてお客様と電話で説明や情報を提供し、事業の説明をしてコミュニケーションを取ることです。

お客様からの、企業の商品やサービスに対する相談、問い合わせ、登録申し込み、苦情、要望、希望する環境の提供や支援などのさまざまな声を受け、それに対して的確な対応を取ることが求められます。

お客様サポートセンターは、企業によって求められる内容がそれぞれ違います。

たとえば家電メーカーなら、製品について故障や修理、不具合などに関する専門家としての知識を頼りにされた質問を受け付けます。

銀行のネットバンキング部門なら、振込等の取引に関する操作方法や相談の問い合わせを受けます。

いずれにせよ、不明点があるお客様に対して、解決のためのサポート役を務め、お客様の支援や相談内容にぴったりの情報を回答することになります。

お客様サポートセンターで働くためには、特別な技術や経験が必要なわけではありませんが、お客様からの相談や質問、希望内容に適切な解決の手順を示すために、企業の商品やサービスについて専門家としての専門知識が必要となります。

もちろん電話での応対となりますので、適切なビジネスマナーとホスピタリティーは求められます。

出社してから退社するまでほとんどの時間を、お客様への応対をして過ごすことになりますので、人と話すことが好きな人、人と関わることの好きな人、人の役に立てる仕事がしたい人に向いていると言えるでしょう。

クレーム対応が必要なことも時にはありますので、取り乱すことなく穏やかに対処ができるだけの冷静さも、備えている必要があります。

お客様サポートセンターでは、色々な専門家の知識やスキルをもった、派遣会社に所属する派遣社員がたくさん活躍しています。

コールセンター等での勤務経験や応対技術がある人ばかりでなく、オフィス系の仕事を経て就職したなど、まったくの未経験からチャレンジした人も大勢います。

看護師や医療事務などの全く別の分野の仕事から転職する人も多いですし、コールセンターとして働く人の年齢、性別、経歴なども千差万別なので、誰にでも採用の可能性はあります。

業務内容に不安があるとしても、就業前に研修を受けられる企業は多いですし、きちんとしたマニュアルも用意されているので、電話が特に苦手ということでなければ、比較的早く仕事になじむことができるでしょう。

勤務環境は、企業によって若干の違いはあるものの、総じて環境の整ったオフィスで、机に向かって仕事をすることになります。

完全に屋内の仕事ですから、夏場や冬場でも快適に仕事に取り組めるのは魅力です。

派遣、アルバイト、パートでの雇用であっても電話を通してお客様は正社員としてお話をするので、こちらも適切なビジネスマナーで応対しなければなりません。

参考⇒派遣社員とアルバイトや契約社員、正社員との違いは?

シフトがきっちりしているところが多いですから、残業はあまりなく、休日もはっきり決まっているので、プライベートはきちんと確保したいという人にはおすすめです。

相談窓口としての電話応対なのか、クレーム処理はあるのか、契約数のノルマはあるのかなど、事業内容や交通費支給かどうか、時給はいくらかなどの勤務に関する求人内容と一緒に確認して応募することをオススメします。

転職サイト「マイナビ転職」
サポートセンターでの求人情報が載っているサイトです。派遣だけではなく正社員としての求人もありますのでご確認下さい。

http://tenshoku.mynavi.jp/list/o113/