コールセンターでの仕事内容とメリットについて

コールセンターの派遣求人は主にテレコミュニケーターとなりますが、その業務内容は、会社の正社員として顧客と電話やメールを通じて直接コミュニケーションを取ることです。

業務内容は商品・サービスについての問い合わせ、相談、申込みなどを受け付けたり、顧客に電話をかけて案内や説明をしたり、顧客の情報から課題を見つけだし、サービスを提案するなど、電話を通して様々な対応をする場合もあります。

受信業務をインバウンド、発信業務をアウトバウンドとも呼びます。いわば企業の顔ともなる仕事ですから、アルバイトや派遣でも、社員と同じマナーを備えた電話応対のスキルが求められます。

ただし、多くの企業では、事前研修により電話応対についてしっかり学ぶことができるので、経験者採用はもちろんですが未経験者であってもハードルが高いわけではありません。

コールセンターのニーズはさまざまな業界で高まっているので、経験があるなら活躍の場は大きく広がるでしょう。

コールセンターの仕事は特別な経験やスキルを必要としませんし、先ほども述べたようにマニュアルや研修も充実しているので、未経験者でも安心して働くことができます。

ただし、電話応対が業務の中心となるので、人と話すことが好きな人の方が向いていると言えるでしょう。

出社から退社まで顔の見えない顧客と電話で話すことになるので、電話がとても苦手という人よりは、人と関わる仕事がしたい人におすすめです。

テレコミュニケーターとして経験を積めば、スーパーバイザーとして、スタッフの研修や管理を行う業務にランクアップできる可能性もあります。

コールセンターではいろいろな人が働いています。色んな業界の中でも、比較的様々な人たちと話すことができますし、同僚もそれぞれなので自分の視野も広がるかもしれません。

年齢も性別も経歴もバラバラで、育児と両立できる仕事を求める人、資格取得のために勉強中の人、本業のかたわら空き時間にダブルワークとして働く人たちなどさまざまなので、個々のライフスタイルに合わせた働き方を見つけることができます。

また、自分の希望に沿った勤務時間で働くことができるので、土日は完全に休みたいとか、残業はしないとか、午後からだけ働きたいとか、求人もある程度融通を利かせることができます。

また、コールセンターの就業場所は、多くが冷暖房完備のきれいなオフィスとなります。

座ったままできる仕事で、休憩時間もしっかり確保できるので、働く環境としてはとても良好です。

それに、髪形や服装などが比較的自由なところが多く、束縛を受けることも少ないのです。

加えて、安定して長期的に働くことができるのも、コールセンターの仕事のメリットです。

消費者への顧客対応に必要なコミュニケーション能力や、電話応対能力が優れていれば、年齢、学歴、バイト経験者など職歴に関係なく、退職後も次の仕事を見つけることが簡単ですし、年齢を重ねても長く続けることができます。

こららもチェック!⇒お客様サポートセンターは派遣社員の活躍の場