調剤薬局事務に求められる能力と派遣で働くメリット

近頃の調剤薬局では、事務員に派遣社員を雇うケースが増えています。派遣社員といっても、基本的に仕事内容は正社員と何ら変わりません。

参考⇒派遣社員とアルバイトや契約社員、正社員との違いは?

最近では医療機関全体でアウトソーシング化が進んでいるので、派遣社員として調剤薬局で働くことのできる機会は従来より拡大しています。

派遣の場合、医療機関勤務経験者歓迎や経験者優遇など実務経験を必要とされる場合もありますが、経験不問・資格不問で募集や求人を出されている場合もありますからこれから経験を積んでスキルアップしたいと思っている人にもチャンスがあります。

調剤薬局事務の職種は、一般の事務職と比べると専門知識やスキルが必要とされます。

業務内容は多岐にわたり、事務能力だけでなく、患者さんとのコミュニケーション能力も重視されます。

特に受付や会計といった仕事は、薬局の窓口であり、そこのイメージを決定するほどの大きな影響を持っているので、受付経験や接客業の経験がある人の方が優遇される傾向にあります。

以前は薬剤師が受付も事務も行っていたことを考えると、この受付スタッフのポジションに派遣社員を雇うことには、雰囲気づくりの目的も含まれていると考えてよいでしょう。

事務職としての能力で必要となるのは、薬歴簿やレセプトの作成など、専門的な知識をもとにした文書作成力です。

現在の薬局では文書作成はすべてパソコンで行うので、パソコン操作の基本的なスキルは必要不可欠です。

調剤薬局事務にもっとも求められているスキルはレセプト作成能力といってもいいぐらいですから、無資格よりも専門の資格を持っている資格者が断然有利になります。

また、派遣とはいえ薬局で働く上では、専門的な知識と、それを個々の患者さんに対してわかりやすく説明できる能力は、高いレベルで求められます。

薬剤師などの専門家の指示に従って説明するとはいえ、患者さんの年齢や性別などに合わせて適切な説明ができなければなりません。

そのためには、臨機応変に対応できる能力と、同時にいくつもの業務をこなせるだけの機転が必要です。

このように派遣社員であっても、調剤薬局事務にはプロフェッショナルな能力が求められますが、派遣であるがゆえにボーナスや退職金はありませんし、場合によっては通勤の交通費支給されないことも考えられます。

契約が更新されなければ退職せざるを得ないので、正社員に比べると待遇に差を感じることもあるでしょう。

しかし、派遣ならではのメリットもあります。医療機関で正社員として働く場合はかなりの激務となりますが、派遣ならば、午前中だけや午後からのみといったように、短時間勤務が可能です。

また、一般事務よりも時給が高く、調剤薬局事務の資格があれば時給1500~1800円程度は見込めます。

また、職場や条件が合わなかった場合は、相談の上で勤務地を変更することも可能であるなど、派遣ならではのアドバンテージがいくつもあります。

参考⇒再就職を探されている方は派遣会社の利用を検討しよう