クレジット事務の派遣の仕事内容について

買い物をはじめとした様々な場面でクレジットカードを利用する人が増え、その存在は身近なものになりました。それに伴い、派遣社員の求人も増えつつあるクレジット事務の仕事についてお話します。

クレジット事務とは

クレジット事務の主な仕事内容は、クレジットカードの新規入会の申込受付や審査、顧客情報の登録や管理などです。他にも書類作成や電話応対など一般事務のような作業を幅広くこなす必要もあります。

コールセンターなどでは電話でのサービス内容の説明や与信調査、ローン金利の計算や延滞している顧客への連絡など、クレジットカードに関する電話オペレーター業務を行います。

また大手カード会社では駅や空港、ショッピングモールなどに出向いてカード入会の勧誘を行う仕事もあり、顧客の獲得にやりがいを感じることもできます。

クレジット事務に求められる条件

事務やコールセンターなど業務内容に関わらず、顧客情報の登録や検索が必要ですので基本的なパソコンスキルは必要です。最近はMOSやPC検定などがありますので、これらの資格を持っていることはアピールポイントになります。

また、カード入会の勧誘や説明に欠かせないのがコミュニケーション能力ですので、営業経験者には強みと言える部分でしょう。さらに女性の多い職場では人間関係を円滑にする上でも、このコミュニケーション力は役に立ちます。

このようにさまざまな業務がありますが、まずは自分自身が勤務先のカード会社のサービス内容をきちんと把握しておくことが重要です。研修期間中に申込や審査に関わる契約条件や、年会費などのサービス内容をしっかり理解しておきましょう。

まとめ

派遣先のクレジットカード会社によって、業務内容や求められるスキルなど応募資格は異なります。自分が望む時給や業務内容の勤務先を早く見つけられるよう、派遣会社の担当者にサポートしてもらいましょう。