派遣のOA事務の仕事内容は?

主にパソコンを使った事務作業という印象のあるOA事務は、派遣の仕事の中でも人気がある職種です。

パソコンの基本操作だけでなく最近はWordやExcelなどを扱える、MOSやPC検定といった資格を持っている人も多く、OA事務の仕事をする人は増えてきています。

OA事務の業務内容

OA事務はWordやExcelを使って、データ入力やビジネス文書を作成したりパワーポイントを使ってプレゼンテーション資料を作成したりすることもあります。

ただし仕事内容は派遣先によって異なり、例えば物流関係の企業の場合、在庫管理や受発注の納期調整、出荷数のデータ入力や取引先への伝票処理などがあり、経理部であれば経理ソフトを使った給与計算などの業務があります。

他にも電話応対や書類の仕分け、ファイリング、FAX操作やコピー取り、営業アシスタントなど一般事務と同様の業務を任される企業も多く、派遣先によってはパソコン操作よりもその他の仕事が多い場合もあります。

そのためOA事務の仕事に就こうと思ったら、オフィスワーク系の実務経験や雑務をこなせる柔軟さが必要になるでしょう。

またスタッフの作業を補佐することもあるため、指示に対する理解力とコミュニケーション能力も必要です。

専門的スキルが必要な業種もある

不動産や出版関連の企業では、専門的なソフトを使用するOAオペレーターという仕事もあります。例えば不動産関連であれば、CADを使って図面を作成し出版や印刷関連であればPhotoshopで画像処理を行うといった専門的なスキルが必要となります。

こういった業種に興味がある方や将来的に正社員や契約社員を目指している方は、このような専門性の高いスキルを身につけることで、採用のチャンスも広がるでしょう。

■参考⇒ハウスメーカーの派遣の仕事について

まとめ

派遣先によって業務内容が大きく変わるOA事務ですから、登録している派遣会社のスタッフに募集内容をしっかり確認し、自分の希望にあった勤務先をみつけましょう。