派遣の不動産事務に必要な資格

街を歩いていると不動産の店舗をよく目にしますが、不動産事務とはどのような仕事なのでしょうか?

不動産事務とは

不動産事務の仕事は派遣の中でも募集の多い職種のひとつです。

業務内容は派遣先の不動産屋によって異なってきますが、その多くは来客や電話対応、書類作成やファイリング、データ管理業務、経理などといった一般事務や営業担当のサポートなどが主な業務となります。

また、賃貸物件の間取りや条件などの情報を登録しCADを使って設計図や製図のアシスタントをする専門的な仕事を行うところもあります。

他にもショールームや住宅展示場を持っている不動産屋では、ショールームに訪れたお客様への案内や説明など現地での接客業を行う場合もあります。

不動産事務で働くための条件

幅広い業務を行う不動産事務ですが、求められるスキルで代表的なものは宅建資格があります。

派遣先によっては宅建資格が不要なところもありますが、やはり資格を持っている方が採用を決めるにあたっては有利です。

宅建資格を持っていれば各種書類作成や重要事項の説明、お客様の契約に関する対応など責任ある仕事を任せてもらえることも期待できますので、将来的に正社員を目指している人であれば宅建は勉強した方がよいでしょう。

また資格の有無にかかわらずパソコンを使えることは最低条件です。データの入力や物件情報の作成などパソコンを使った業務が日常茶飯事なので、PCスキルはしっかりと身に着けておきましょう。

そのほか、お客様応対を行うことも多いのでコミュニケーション能力も大切です。

足を運んでくれたお客様に気持ち良く物件を決めていただくためにも感じのよい接客は重要であり、さらには派遣先の不動産屋のイメージにも関わってきます。そのため女性的なサービス精神や日常的なマナーも必要となるでしょう。

まとめ

不動産事務は他の事務系の仕事と比べるとお客様と接する機会が多い仕事と言えます。

そのためお客様の要望に的確に応えクレームに対して臨機応変に対応できるなどコミュニケーション能力も重視されますから、宅建資格と同様、接客経験も重要であると言えるでしょう。

不動産事務の業務は幅広いので、自分が希望する業務を紹介してもらえるよう派遣会社の担当者にしっかり相談しましょう。また職場見学が可能であれば、自分にあった職場かどうか面接前に見学するのもおすすめです。