英文事務の派遣の仕事について

最近は英語をスキルのひとつとして身に付けている人が増えています。そんな英語をはじめとする語学力を生かすことができる派遣の仕事に、英文事務というものがあります。

英文事務はあまり耳なれない業種ですが、最近はこの英文事務を募集する企業も増えてきており、今後ますます求人が増えていくことが予想される職種です。

では、英文事務の派遣の仕事とは具体的にどのような内容なのでしょうか?

英文事務の仕事内容

英文事務の業務内容は一般事務とさほど変わりませんが、派遣先には外資系の企業が多く仕事のほぼすべてに英語が関わってくるのが特徴と言えるでしょう。

貿易会社であれば事務的業務(未経験から貿易事務を目指す場合、輸出書類の作成からスタート)をはじめとして、取引先との英文メールでのやり取りや電話応対、また企業によっては受付業務を行うところもあり、外国人の来客が多い企業では英語で案内をすることとなります。

仮に派遣社員であったとしても経験を積んで勤務先の企業から信頼を得られれば、海外のお客様を相手にやりがいのある仕事を任されることもあるでしょう。

英文事務に必要なスキルとは?

派遣社員の場合、英文事務の仕事に必要なスキルは募集をしている企業や部署によって異なるというのが現状です。

企業によっては『TOEIC ○点以上』や『英検 ○級以上』のように資格を重視するところもありますが、一方で資格よりも実際に英語での接客や営業経験など、実務経験を重視した採用を行うところもあります。

また即戦力となる派遣社員を求める企業も多いので、英語でコミュニケーションが取れる人や通訳翻訳の経験者などは有利と言えるでしょう。

他にもパソコンスキルや英文メールの読解力、円滑に仕事をこなすために職場でのコミュニケーション能力も重要です。

まとめ

現在異業種で働いている方が英語に関わる仕事を希望されるのであれば、まずは派遣社員としてキャリアを積むことが最適と言えるでしょう。努力次第で契約社員や正社員という道も夢ではありません。

派遣会社のスタッフに自分の能力と希望の仕事を相談しながら、英文事務への第一歩を進めていきましょう。