先生や生徒を支える学校事務はやりがいがある

学校で勤務するには教職員に限らず、事務員など教師以外の業務も多数あります。そのうちのひとつが学校事務と言われ、最近では派遣社員の募集も盛んに行われています。

学校事務とはどういう仕事か?

学校事務はいわゆる一般事務とは違い、学校にまつわるさまざまな業務を行います。教師と比べて地味に見えるかも知れませんが、実際は教育現場を陰から支える大切な仕事なのです。

例えば学生の書類受付や生徒情報の管理、教職員の給料や出張などに関する手続き、郵便物の管理や来客対応など庶務業務から学校運営に関わる業務まで幅広くあります。

学校事務の需要はあるのか?

もともと学校事務の職員は採用試験を受けて就職するのが通常でしたが、最近は派遣会社など外部に委託するケースも増加傾向にあります。

そのため派遣会社でも学校事務の募集が行われており、学校の種類(例えば大学・私立大学・専門学校・学習塾など)によって業務内容もさまざまです。

学校事務のメリット

学校での仕事というだけあって、夏休み・冬休み・春休みなど学校が休みの間はまとまった休暇を取得することも可能です。その代わり土曜日は出勤となっているところが多く、また就職活動や卒業・入学シーズンはかなり忙しくなるため、残業も多くなるでしょう。それ以外の時期は基本的に落ち着いているので、メリハリがある職場と言えます。

学校事務として働くには

教育関連での勤務経験や特別な資格がなくても学校事務への応募可能ですが、パソコンスキルは重視されますので他の事務職の経験者であれば優遇されるでしょう。また、手続きなどで外出することもあるため自動車運転免許を持っていると有利です。

事務といっても教授や講師はもちろん生徒や保護者、学校外部の関係者や地域の人々など幅広い層とやりとりを行うため、高いコミュニケーションスキルが必要だとも言えるでしょう。

まとめ

教師のように学生や生徒に勉強を教えるとなるとハードルが高く感じますが、学校事務は教職員と生徒たちをサポートする仕事ですので、学校に関係する仕事がしたいと考えている方にとってはやりがいのある仕事といえるでしょう。

学校事務で働きたいと考えているのであれば、まずは学校事務に強い派遣会社を選んで登録し応募することをお勧めします。派遣社員として実務経験を積むことで、ゆくゆくは学校職員や大学職員など正規雇用の可能性も出てくるかも知れません。