派遣会社の登録会参加時の化粧や髪型について

派遣会社の登録会ではどの程度の化粧ならOK?

派遣社員として働くためには、派遣会社の登録会に参加する必要があります。

インターネット上でできるのは、あくまで仮登録までで、そこから登録会に予約して、会社に実際に出向いて初めて本登録に至ります。

本登録の目的は、登録のためのカードに必要事項を記入してもらい、面談やスキルチェックテストを通して、派遣先とのマッチングを図ることです。

登録者の希望条件と合う職種の職場を選ぶための会です。

大抵の派遣会社では、登録会に参加するにあたっては「服装は自由です」とうたっています。

スーツが無難ですが、実際にはオフィスカジュアルで構いません。

ジーンズやミュール、サンダルなどを避けて、社会人の常識を鑑みて見苦しくなく清潔感のある服装を心がけましょう。

足元もきれいに磨いた靴を履きます。また、香水や化粧も、できるだけ控えめにした方が、相手の印象がよくなります。

化粧は薄めで、口紅も派手な赤は避けた方が無難です。

派遣会社の採用担当は、人を見るプロです。

普段は派手めの化粧をしていても、派遣会社の登録を就職活動の一環と考えて、それなりの準備をしている人かどうかはすぐに見抜かれます。

人間は第一印象でほぼ50%の評価を決めると言われています。

採用担当者には、自分の会社から確かな人材を送り出すという義務があります。

例えばお客様と対面する営業職などの場合、不安材料がある人材を派遣するのは難しいでしょう。

そのため、第一印象はいいに越したことはありません。

派遣のベテランになると、この程度で大丈夫だろうという予想がつきますが、最初は無難にまとめる方がいいでしょう。

多少かしこまりすぎかなという程度がちょうどいいと言われています。

中には、登録会で急ぎの仕事の案件が入って、そのまま派遣先にあいさつに行かなければならないケースもあります。

こういった可能性も考えて、社会人らしい格好をするようにしましょう。

派遣会社の登録会での面接では、メイクは自分を美しく見せるためではなく、健康的に見せるためにするのがポイントだと言われています。

ブラウン系やベージュ系など、自然でナチュラルな雰囲気のメイクが向いています。

地味すぎても印象が悪いため、適度にピンクやオレンジを使うようにしましょう。

マニキュアも地味めに抑えて、派手なネイルアートは避ける方が無難です。

逆に、ノーメイクも良くないと言われています。

外見や格好に気を使わない人に思われてしまいますし、それではマイナス材料になります。

顔色が悪く見えたり、だらしない印象を与えたりします。

適度に健康的で明るい雰囲気を出すよう注意しましょう。

派遣会社の登録会ではどういう髪型がいいの?

派遣会社に登録するためには、インターネット上で申し込むだけでなく、実際に派遣会社に出向いて登録会に参加する必要があります。

そこでスキルチェックや一般常識テストなどを受けて、面接を行ってから本登録に至ります。

派遣社員は、スキルを活かして働くスタイルであるため、一般の正社員ほど服装やファッションに制限はありません。

それでも一般常識の範囲の格好で行くべきです。

あまりラフすぎる格好では、社会人としての常識を疑われることになりかねません。

服装は清潔感が重要です。スーツを着ていかなくても、大抵の派遣会社は「私服で大丈夫です」とホームペーシでうたっています。

とはいえ、近所に買い物に行くような服装ではなく、オフィスカジュアルなスタイルが求められます。

髪型に関しても同様で、清潔感を重視しましょう。

女性の場合には、ロングヘアは結ぶなり留めるなりして、だらしない印象を与えないように注意しましょう。

ただし、ツインテールのような社会人らしくないアレンジは避けます。

パーマがかかっていること自体も問題にはなりませんが、ボサボサとした印象にならないようにまとめておきます。

在宅の期間が長いと気にならないものですが、見えないところの寝癖にも注意します。茶髪に染めている場合も、常識の範囲で判断します。

過度な色合いはマイナスイメージを与えてしまいます。

また、金髪は印象を悪くするだけで何の得にもなりません。

派遣会社が気にするのは、スキルがあるかどうかだけではありません。

登録者を派遣先企業にスタッフとして送り出して大丈夫かどうかを担当者は見ています。そのための面接でもあります。

派手すぎないことと、清潔感があること、また社会人としての常識があることをしっかりアピールしましょう。

派遣社員を長期間続けている経験者はどのような身だしなみが適しているかを知っていますが、初めて登録するなどの場合は新卒の採用よりは少しゆるい程度と考えるのがいいでしょう。

相手に不快感を与えないことを重視します。

エチケットやモラルを心得ていることが伝わるようにします。

登録会での印象が悪いという理由で、自分の希望が通らない事態にならないようにしましょう。

実際に勤務を開始してから、勤務先の雰囲気と規定に合わせていくようにします。

デザイン関係職では、オシャレに気を使う人も多くいますが、最初の登録会はあくまでも、仕事を紹介してもらうための場所ですから、無難が一番です。

例としては髪型はロングでも、しっかりピンやゴムなどで留めておけば、周囲に気を使っていることをアピールできます。

最低限オフィスにいてもおかしくない格好になるようにしましょう。

派遣の登録は茶髪でも大丈夫?

派遣社員として働くには、Webなどで派遣会社を検索し、仮登録をした後に、登録会という面談やスキルチェックなどを含めた人物考査を経て本登録となります。

このとき、一般事務などのオフィスワークや販売や受付等のカウンター業務など希望職種や時給、出勤日や勤務時間などの希望を質問、日払いや週払いの方が良いなど給与例の希望を答えると、それに沿った職場を紹介してくれます。

自分はいくらくらい月給が欲しいのかを具体的に話し、これまで経験した職種を言うことで経験歓迎の求人を行っている会社も紹介してくれます。

また、●●駅から▲▲駅の間で働きたいなど、自宅から近いエリアを指定することで通勤も楽な会社を紹介してもらえる機会が増えます。

派遣社員は本人が持っている技能で働くスタイルで、正社員のような縛りが少なく、たとえば社会問題化しているサービス残業といった仕事をさせられることはありません。

比較的自由な働き方と言えます。

そのため、登録会では服装や髪形について黒をメインになど就職活動の学生のようにうるさく言われることはありません。

たとえば茶髪であっても、よほど派手でなければ問題になりません。

口コミ情報でも、登録の際に髪の色や髪形について文句を言われたという経験談はほとんどありません。

アパレル関係の販売業務ならファッションの1つとも捉えられるので、特に言われることは少ないと思います。

極端な明るい茶色でない限り注意を受けることもなく、仕事の紹介にも問題はないと言われています。

ただ、ロングヘアの場合には結わえるなりピンで留めるなどした方がいいと言われています。

ほとんどの職場は長髪可ではありますが、仕事の邪魔にならないように配慮することが大切です。

派遣会社が求めるのは本人のスキルと社会人としての責任感であって、服装や髪形では判断することはありません。

ただ、派遣先の会社で悪い方向に目立つことを避けるために、勤務開始までにもう少しおとなしい雰囲気にして欲しいという要望が出されることがあることは報告されています。

ただ、登録会は派遣会社と営業担当者との関係性の構築を重視すべきで、自分が良識あるビジネスパーソンであることをアピールしておく必要があります。

服装はカジュアルなものではなく、ビジネスの現場にふさわしいものを選び、全体に清潔感を出せるようにしましょう。

参考⇒派遣会社の登録会にふさわしい服装は?

茶髪は決してNGというわけではありませんが、過度にならないようにした方が無難です。

夜の商売をしているような派手な茶髪は、やはり派遣会社としても派遣先に紹介しにくいと言われています。

第一印象は大切です。人は第一印象で相手の50%を判断すると言われており、最初の出会いには注意すべきです。

髪の色や髪形だけでなく、ネイルや香水などにも注意しましょう。

これから遊びに行くような格好では、やはり派遣会社としても紹介しにくいことがあります。

また、登録会に行ったその場で派遣先を紹介されて即決し、その足で派遣先にあいさつに行くということもよくあります。

この時には実際に職場仲間となる人に会うことになります。失礼のない格好を心がけるに越したことはありません。

この人になら仕事を任せても大丈夫だと思ってもらえるようにしましょう。

参考⇒派遣会社への登録会でのマナーは?