派遣会社の登録会にふさわしい服装は?

派遣会社に登録するには、たいていの場合はまずインターネットでエントリーして、その後登録会に参加することになります。

登録会のやり方や内容は派遣会社によって違いますが、働き方や規則の説明、アンケート形式で登録希望者の情報を記入、スキルチェック、面接などを行うのが普通です。

登録会での服装は、派遣会社の多くが「普段着で大丈夫です」とうたっており、特に指定がされていませんが、実際は参加者の服装はチェックされていると思って間違いありません。

一般の企業や会社のテストや面接と思って、服装は相手の失礼にならないよう気を配り注意しましょう。

無難なのは、いわゆるオフィスカジュアルというスタイルです。事務系のオフィスに勤務している人と同様のファッションでまとめます。

白や薄い色あいのブラウスに紺やグレーのジャケット、すっきりしたパンツルックや膝丈のスカートが一般的なスタイルです。

いわゆるリクルートスーツと言われるスタイルであれば問題ありません。

色合いはあまりビビッドになりすぎず、白や黒、茶色、紺などの地味な色合いでまとめるのが普通です。

派遣先となる会社は多種多様であり、自由なカジュアルルックでも違和感のない職場も多くありますが、登録会では普通のリクルートスーツが望ましいと言えます。

登録会には、基本的にスタンダードで清潔感のある服装で出かけ、面接での印象を悪くしないようにした方が無難で、実際に現場に出てから、ファッションを考えていくようにしましょう。

フリル付きのブラウスや、ピンクなどの派手な色合いのものなどは避けて、落ち着いた色のパンプスを選ぶようにします。

アクセサリーも控えめにします。また、腕時計は必ずしていきましょう。

会社を退職して在宅の生活の長い人はつい忘れてしまいがちですが、腕時計は社会人にとっては必須です。

服装に合った腕時計は、引き締まったイメージを与えます。

登録会での面接では、厳しい服装の指定がない場合が多く、私服で構わないという主旨の説明をされますが、面接官は登録者がどういう人間なのかを探っています。

実際の派遣先の会社で変に思われたら困ると面接者が考えるようでは、今後の仕事の紹介にも影響があります。

派遣登録の時の服装で、これなら派遣先に送り出しても大丈夫だと思ってもらえるよう気を配る方がいいでしょう。

露出の高い服装やサンダル、ラメの入ったミュールなどは避けて、地味めの格好をしていくようにしましょう。

派手なネイルカラーやネイルアートなどもしない方がベターです。

派遣会社の登録会にはスーツで行くべきか?

派遣会社に登録するには、Webサイトなどで仮登録した後、登録会に予約して派遣会社に出向くことになります。

大抵の会社は、ここで登録カードと呼ばれる書類に氏名や住所などを記入してもらい、派遣の仕組みついての説明を行います。

その後は面談やスキルチェックなどを行って、希望職種にどの程度の適性があるかを調べます。

■参考⇒派遣登録会ってどんなことをするの?

派遣会社の登録会は、採用面接ではなくあくまで登録のための顔合わせにすぎないため、特にスーツなどの服装の指定条件はないことが多く、大抵の会社では私服で大丈夫です。

無難さを求めるなら、リクルートスーツのような仕事用の服装で出向くといいでしょう。

口コミ情報では、地味めのカジュアルで充分で、大して気にされることはないとされています。

オフィスカジュアルな服装で、きちんとクリーニングされた清潔感のあるものなら、特に問題はないと言われています。

あまりに個性的すぎたり華美になりすぎたりしていなければ特別視されることはありません。しかし、必ずしもスーツで行くべきとは限らないのが派遣会社の登録会です。

オフィスワーク、特に技術系では、服装にこだわる必要はなく、常識の範囲で構わないと言われています。

営業職の場合には、派遣先の会社でクライアントなどの外部の人に会う必要があるため、ある程度それを見越してスーツにした方がよいという程度です。

派遣会社の採用担当者によると、自分に合った服装でアピールしてもらうのが一番で、スーツにこだわっているわけではないが、登録する人自身の判断で、スーツで来た場合には、仕事探しへの真剣な気持ちが伝わるのは確かであるということです。

社会人としてのマナーをわきまえていることを端的に伝えるには、スーツで登録会に行くことが早道だと言われています。

むしろ気をつけるべきなのは、露出の高い服装や清潔感のないジーンズやTシャツ姿であってはいけないということです。

派手なアクセサリーや、ミュール、サンダルなどは避けた方がいいでしょう。また、はき潰したようなスニーカーなども厳禁です。

採用担当としても、相手をこのまま派遣先の企業に送り出して大丈夫だろうかと思ってしまいます。

また、スーツであっても、サイズが合っていないダボダボのスーツでは逆効果で、だらしない印象を与えることがあるので注意が必要です。

他にはスーツだとしてもクリーニングに出していない、シワだらけのものでは台無しになってしまいます。

登録会にスーツで行く場合には、クリーニングしたきれいなもので出かけるようにしましょう。

派遣会社の登録会でジーパンはNG?

派遣社員として働くためには、まず派遣会社に登録する必要があります。

大抵の派遣会社では、インターネットなどでエントリーして登録会に予約し、実際に派遣会社に出向くことになります。

この時の服装には条件が無く、「普段着でOK」とされているケースが多く、特に指定されることはありません。

実際、スーツなど会社勤務用の服装でなくても構わないケースが多く、オフィスカジュアルを意識した服装であれば問題はないとされています。

登録会の主な目的は面談とスキルチェックです。希望する職種に適合したスキルを持ち合わせているか、また社会人としての常識があるかなどをチェックし、仕事内容や時給、待遇などについての要望を聞くというのが登録会の目的で、服装が登録に何らかの影響を及ぼすわけではありません。

ただ、一定の限度はあります。登録にあたっては、「ジーンズで行っても大丈夫なのか」という質問は数多く寄せられいます。

ジーンズは、普段着としては動きやすくはきやすい、便利なアイテムです。しかし、これはNG事例のひとつと言われており、避けた方が無難です。

口コミ情報では「ジーンズで問題なかった」という声も数多く寄せられていますが、派遣会社の採用担当者には決していい印象を残さないことは事実です。

派遣会社としては、「この人を派遣先に送り出して大丈夫か」ということを非常に気にします。

オフィスや業務内容にもよりますが、社会人らしい格好でない場合、常識を疑われてしまいます。

できればジーンズは登録会には着ていかないようにしましょう。

ジーンズだけでなく、露出の高い服装や大きすぎるイヤリング、必要以上にブランドものを身に着けるなども、避けた方が無難と言われています。

大切なのは、清潔なイメージで行くことです。派遣会社の担当者に対して不快感を与えない服装、エチケットやモラルのあることが理解できる服装をするよう心がけましょう。迷ったら、スーツが無難です。

派遣スタッフとして長く働いた経験者・ベテランは、どういう場合にどういった服装をしたらいいのか心得ており、中には登録会に行ってみたら周りは全員カジュアルな格好で、自分だけスーツで浮いてしまったということもあり得ます。

たとえ浮いてしまったとしても、スーツなら相手に不快感を与えることはなく、むしろやる気や責任感、仕事を真剣に探しているというアピールポイントにできます。

基本的には地味めのオフィスカジュアルかスーツで、登録会に臨むようにしましょう。

派遣の登録に行くのにネイルはどの程度OK?

派遣の登録には、インターネットなどで仮登録を行った後、登録会の予約をして実際に派遣会社に出向くことになります。

これはあくまで登録のためのもので、実際に勤務するわけではありません。

実際に仕事を行う勤務先には服装に関する規定などがあるケースもありますが、派遣会社の登録会では、ほとんどの場合「私服で大丈夫です」とうたっています。

清潔感を意識した服装であれば、大抵の場合は問題ないとされています。

いわゆるオフィスカジュアルな服装で、サンダルやミュール、またジーンズなどでなければ、登録にあたって問題はありません。

女性の場合、身だしなみで気になることのひとつにネイルがあります。

近年では、オフィスで働いている女性でもオシャレなネイルをしていることが多く、それほど気にしなくても大丈夫だろうと思うのは当然です。

実際、ネイルをしていたからといって、登録会で注意されたり登録に支障をきたしたりすることはほとんどありません。

ただし、派遣会社は登録者の直接の雇用者であり、派遣先企業に送り出すにあたっては責任を持つ立場です。

「この人を派遣して大丈夫だろうか」という目で見ていることには間違いありません。

ネイルに関しては、派手すぎなければ大丈夫と言われています。しかし、例として事務系の業務内容でパソコンのキーボード操作等に支障があるのではないかと思われます。

それほどでもなく、目立つ色合いでなければ、ネイルで問題視されることはないと言われています。

実際に、派遣の登録にあたってネイルを落とさずに行ったけれど、特に何の問題もなかったという口コミ情報は多数寄せられています。

派遣登録で重要なのは、どの程度のスキルを持っているかということで、あまり服装やファッションについてうるさく言うことはありません。

正社員の採用面接とは大きく違います。

ただ、清潔感が求められていることは覚えておいた方がいいでしょう。

社会人として普通の常識を持ち合わせていることをアピールできるようなファッションで臨む方がベターです。

ネイルであれば、事前にストーンなどの装飾は外したり、アート寄りの派手なものは取ったりして、できる限りシンプルにまとめた方がいいでしょう。

ピンク系やベージュ系、いわゆるフレンチスタイルのネイル程度なら大丈夫でしょう。

ネイルが趣味という人にとっては、派遣会社の登録に行くたびに気を使わなければならないため、多少の手間がかかることは事実ですが、登録で悪い印象を与えては何にもなりません。

控えめを心がけて、実際の派遣先での雰囲気に合わせてネイルを楽しむようにしましょう。

派遣の登録会でピアスをして行ってもいいの?

派遣社員として働くためには、まず派遣会社にWebなどで仮登録し、その後に登録会と呼ばれる面接などを含めた顔合わせの会があります。

バイトや正社員でも採用の際には必ず面接がありますが、派遣社員でも同じことです。

派遣で働くということは、派遣会社に籍を置いて、そこから派遣先の会社に出勤して働くことです。

派遣会社には、求められている職務や責任をきちんとこなせる人材を確実に送り出す義務があります。

派遣会社の面接は、そういった意味で重要です。基本的には、希望職種に対してどの程度の適性やスキルを持っているかが求められますが、社会人としての常識も問われます。

そのため、登録会での服装やファッションには気を使った方がいいでしょう。

一般的には、正社員の採用と同じく、スーツで地味めのファッションの方が無難と言われています。

ブラウスにジャケット、色合いはビビッドカラーを避けて白や黒、紺色などの落ち着いた服装がいいと言われています。

アクセサリー類ですが、これは派手すぎなければいいと言われており、ピアスをしていたからといって問題になることはないと言われています。

あまり大きすぎるものは避けましょう。

何度も登録会に行っている派遣ベテランの人は、この程度でいいだろうという頃合いが分かりますが、初めてという人にとっては、どの程度のファッションならいいのか疑問に思う部分です。

気になる場合には、ピアスは外すか、もしくは小さめのものに替えましょう。

派遣社員は業務の範囲が明確で、要求された仕事をしっかりこなせばいいという職業です。

そのため、直接クライアントと面会する営業職などを除けば、あまりファッションについてうるさく言われることはありません。

派遣会社のコーディネーターによると、髪の毛は奇抜な茶色や金髪でなければ問題はなく、ピアスも別に構わないが、大きいものは避け、特に傷んだものは不潔な印象を与えるので避けるべきとしています。職場に行くための格好を意識していれば充分です。

服装はスーツが無難で、かっちりした服装を心がけていることが相手に伝われば問題ないとされています。

ピアスをするかどうかも問題ですが、むしろ気をつけるべきなのは清潔感です。

派遣会社が「この人なら派遣先に送り出して大丈夫だ」と思ってくれるような格好をしていくようにしましょう。

必要以上にかしこまる必要はありませんが、きちんとした服装の人は、それだけ仕事をもらうことに真剣だと受け取ってもらえます。

ピアスをしていても良い仕事

インターネットのアルバイト求人情報サイトを検索してみると、ピアスやネイルを自由としているお仕事は、ファッション販売スタッフやアクセサリー販売といったアパレル販売、雑貨販売スタッフ募集などが見つかります。

こういったお仕事は、店頭に訪れたお客様と対面するお仕事のため、身だしなみに気をつけなければなりませんが、アクセサリーとしてピアスやネイルを扱うこともあるためスタッフがモデルとして身につけていると考えられます。

またコールセンターのように、お客様と電話越しの応対のお仕事もピアスや髪型が自由とされていることが多いようです。