派遣会社の登録はどこがいい?派遣会社探し方のポイント

派遣でお仕事を探すと決められた場合は、多くの派遣会社の中から登録する会社を選ぶ事になります。

希望する仕事を見つける為にも、派遣会社の特徴を知るのは大切です。幅広く多業種や多職種を扱う派遣会社もあれば、特定企業や業界に強い派遣会社もあります。

派遣会社を選ぶポイントは、派遣会社の規模、求人数や仕事内容、福利厚生、サポート力やアフターフォロー体制などを比較する事です。また、お仕事の勤務地や時給、交通費の有無なども大切なポイントです。

さらに、経営基盤がしっかりしておりキャリア形成を具体的に支援してくれる事も大事です。1番大切なのは、自分にあった派遣会社を選ぶ事でしょう。

派遣のお仕事をされている方は、契約期間が終了するたびに次のお仕事を探さなければなりません。

その為、複数の派遣会社に登録される方が多いです。なぜなら、求人情報をより多く収集できるからです。

平均的に、派遣でお仕事をされている方は4社程度に登録されています。それぞれの派遣会社の特徴を知ったうえで、うまく活用していきましょう。

派遣会社の特徴を知るのには、派遣スタッフ同士の口コミや満足度、評判も確認しましょう。

しかし派遣会社を変える方よりも、派遣会社を固定している方のほうが仕事の難易度や賃金の上昇率が高いそうです。

その為、働きだしてから長く安心して働ける派遣会社を選ぶ事は大変重要です。

仕事紹介を受けて派遣先でお仕事を開始してからは、派遣会社の担当者とはさまざまな相談やサポート、交渉をおこないます。

その為、担当者との相性も大切です。大手の派遣会社は担当が変わることもありますが、規模の小さな派遣会社の場合は担当者が職場の悩み相談など細かくアフターフォローしてくれる場合も多いです。

また経営基盤がしっかりしている大手派遣会社の方が、福利厚生やスキルアップ等の研修制度は充実している場合が多いようです。

派遣会社に登録するには、各社サイトから仮登録をおこないます。

すると、派遣会社から電話やメールで登録会の予約案内が入りますので予約をおこないましょう。

本登録は、登録会の会場でおこなわれます。登録会は通常企業の面接と変わりありませんので、人材派遣会社のスタッフにお仕事を任しても大丈夫と思わさなければいけません。

その為、コーディネーターとのカウンセリングの時間だけでなく、最初から最後までビジネスマナーに気をつけた行動や発言をおこないましょう。

登録する派遣会社はしっかり調べ比較する情報量を増やし選択し、自分に合った派遣会社に登録しましょう。

派遣のお仕事について、メリットやデメリットをしっかりと知る事も大事です。

派遣会社の探し方のポイントは?

派遣社員として就業したいと思ったら、派遣会社の登録説明会に予約してエントリーすることから始まります。

でも、一般社団法人・日本人材派遣協会によると平成26年には83,530か所もの派遣会社が存在しているというデータがあるほど、派遣会社の数は非常に多いのが現実です。

ごく小規模の会社から全国的に名前を知られているような大手、専門的な職種の中で非常に大きな存在感を示す会社など、さまざまな派遣会社があります。

この中からいくつかの会社を選ぶにはチェックしたいポイントがあるので、派遣会社の探し方の参考にしてみましょう。

一つ目は派遣会社の規模です。大きければ大きいほどに社会的な信用もあり人気であるといえ、お仕事紹介件数も多くなることが期待できます。

また、保険などの福利厚生制度もしっかりしていて働き続けるに当たっては充実した生活が送れることが期待できます。

その反面、規模が大きくなることから派遣会社の担当者が常に案件をいくつも抱えている状態となり、細かなところまでサポートが行き届かなくなることも考えられます。

派遣先でトラブルが起こった場合には、派遣会社のサポート体制が万全か否かで大きく違ってくるものです。

不満感じるようであれば、担当者の変更を申し出てみることも必要といえます。

しかし、大手といっても、中には営業担当の他にジョブコーディネーターやキャリアカウンセラーまでが付いてくれスキルアップ支援をしてくれるところもあるので、一概に大手のサポート体制が薄いともいえません。

一方の中小規模の派遣会社となると、登録スタッフ一人一人をしっかりとサポートしてくれることが期待できる反面、人材紹介案件や求人自体はさほど多いとはいえず福利厚生も大きな期待は持てないといえるでしょう。

中小規模の派遣会社を選ぶ際には、厚生労働大臣許認可がおりているかどうかを基準にするのも一つの方法です。

二つ目は仕事内容です。自分がやりたい職種や希望条件がはっきりしている場合には、それに強い派遣会社を選ぶと良いでしょう。

証券や自動車、IT関連といった会社の場合、グループ企業に派遣会社を持っているところも多くあります。派遣先と派遣元がつながっていれば、お仕事をし続けていく上で同じ派遣会社の先輩や同期などがいれば心強いというメリットもあります。

そして三つ目は、時給の高さといって良いのではないでしょうか。

効率良く収入を得ることは、生活していく上でこれは非常に大切なことといえます。また、交通費支給の有無や有給休暇の消化率なども加味するとより現実的になるでしょう。

インターネットで各々の派遣会社の仕事情報、求人情報の一部や、企業の特徴を調べることもできますので、あらかじめ下調べをして登録会予約をしましょう。

派遣登録なら来社不要のところが便利

派遣社員として就業しようと思ったら、まずはそれぞれの派遣会社に登録しておく必要があります。

一般的には、各派遣会社のホームページをのぞくと仮登録や本登録の予約画面があるので、事前に予約してから直接会場に出向くことになります。

しかし、中にはwebサイト上で登録まで完了させることが可能で来社不要の派遣会社もあります。

一般的な仮登録から本登録までには1日以上かかるものなので、来社不要であれば短時間で済む上に登録会場までの交通費もかからず経済的といえるでしょう。

また、時間も選ばなくて良いので前のお仕事の合間にも簡単に済ませられ、次のお仕事にスムーズにつなげられることもメリットの一つです。

ホームページで希望の求人情報や仕事情報を見つけたら、その日の内に登録からお仕事のエントリーをすることも可能です。

派遣会社の中には、出来るだけ入力が簡単に済むよう、レジュメがあれば面倒な職務経歴をアップロードできるサービスがあったり、写真は後からでも可能としていたりするところもあります。

仕事探しはできるだけ時間をかけずに行いたいと、誰しもが思うものです。

派遣社員を希望している場合、複数の会社に登録しておきたいところですが、すべての登録に行くのは時間も手間もかかってしまうのが実情です。

そのような時に、1~2社、来社不要という派遣会社に登録してみるのも良い方法といえそうです。

また、実際に会場に行って登録する派遣会社の場合も、忙しいからといって行きやすい派遣会社で登録だけ済ませてくるというよりは、希望の勤務地に近いエリアにオフィスを構えているところを選びましょう。

派遣会社の中には、得意とするエリアを近場に持っているところも多く、より希望に近いお仕事を得る可能性が高くなるからです。

会場に行って本登録をする際には、履歴書や職務経歴書の他、運転免許書やパスポートといった本人確認書類である身分証明書、印鑑、キャッシュカードや通帳(給与振込のため)を忘れずに持参しましょう。

知らない場所であれば地図を用意し、5~10分前には会場に到着し、身だしなみを整えてから中に入れるようにしたいものです。

万が一、時間に遅れそうな場合には電話で担当者び連絡を入れておきます。

登録会場では、受付、登録カードに記入し、コーディネーターによる面談実施やスキルチェック、適正テストなどが行われる流れとなっています。

面談では自分の希望条件を伝えますが、あまり多すぎても仕事紹介が限られてしまうので、自分にとって重要なのは職種なのか勤務地なのか時給なのか優先順位をつけて説明できるよう準備しておきます。

これまでの職務の経験や資格も忘れずにアピールするようにしましょう。

所要時間は2~3時間ほど見ておくと良いでしょう。

ハローワークでお仕事を見つけて派遣会社に登録

派遣のお仕事をしたいと思ったら、各派遣会社のホームページを見て登録に行くという流れが一般的ですが、公共職業安定所いわゆるハローワークの求人でも派遣のお仕事を見つけることが可能です。

また、派遣会社を辞めたけれど、別の派遣会社でのお仕事を探しているなら、ハローワークの求人はチェックしておいた方が良いでしょう。

もしもハローワークに出ている派遣のお仕事に就くことになれば、再就職手当や就業手当が支給される場合もあるからです。

仕事探しの他、失業保険の申請手続きなどを行うハローワークは全国に550以上あります。

仕事を探したいと思ったら、まずは最寄りのハローワークで求職申込みを済ませましょう。

申し込みには書類に住所や氏名を記入するとともに、希望職種や希望就業形態を記入していきます。

就業形態を、フルタイム・パートタイム・季節労働から選択し、正社員・派遣・請負の形態を希望するか否かをチェックする欄もあるので、派遣希望にチェックを入れておきましょう。

その他、希望収入や希望勤務時間、就業場所、就職先企業などにに望む条件などを記入する欄もあります。

求職申込書を提出するとハローワークカードが手渡され、求職者としていよいよ求職活動がスタートします。

就職する上での相談事や、どのような仕事をすれば良いのかわからないといった場合には、ハローワークの職業相談サービスを利用することもできます。

また、希望するお仕事がなかなか見つけられない時、より良い応募書類を作成したいと思った時、面接で好印象を持ってもらいたいと思った時なども気軽に担当者に相談に乗ってもらえます。

各種セミナーも開催されているので、出来るだけ参加してスムーズに再就職できるようにしたいものです。

求人情報から希望するお仕事が見つかったらすぐに窓口に申し出ましょう。ハローワークが会社に連絡を取り、紹介状を用意してもらえるので、履歴書や職務経歴書を用意し、面接に備えて出来る限りの準備をしておきましょう。

自信を持ってハキハキと答えられると良い印象を持ってもらえるものです。また、派遣会社の場合は、この面接が実質的な登録となることがほとんどです。

採用されることが決まると、書面で雇用契約書や雇入通知書などが届くので条件などはしっかりと確認しておきましょう。

自分にぴったりの仕事はそう簡単に見つかるとは限りませんが、求人はこまめにチェックして良いと思ったらすぐに行動に移すことが大切です。ハローワークの求人募集情報や求人内容はインターネットでも気軽に閲覧できます。

派遣会社登録が初めての方の注意点

派遣会社への登録が初めての方は、まず派遣のお仕事を長期的におこなうか短期的におこなうかを検討しましょう。

次に、働きたい業界や業種、職種について決定します。短期的に働きたい方は、派遣での30日以内のお仕事に関しては世帯年収やご自身の主たる業務での収入、通っている学校によっては働けない場合がありますので確認しましょう。

派遣のお仕事には、契約期間が1カ月や3カ月、6カ月や1年などさまざまあります。

もちろん、1日や数日のお仕事もあります。また、週に働く日数や勤務時間帯、休日についてもさまざまな要望を考慮してもらえます。

お仕事を探す際には、ご自身のつきたいお仕事をたくさん紹介している派遣会社に登録しましょう。

なぜなら、各派遣会社によって得意とする業界や業種が違うからです。また、大手企業がグループ会社として派遣会社を運営している場合はグループ関連企業での採用が多くなる特徴もあります。

各派遣会社の長所や短所、ビジネスマナー講習等の福利厚生やサポート体制といった特徴を把握してから、派遣会社に登録しましょう。

派遣会社選びを終えて、登録するには、事前に各派遣会社サイトから仮登録をおこないます。

そうすると、電話やメールにて本登録の予約案内の連絡が入りますので予約をおこないます。本登録には、予約した会場へでかけていきます。その際、履歴書や職務経歴書、免許証などの本人確認書類が必要になる場合もありますので持参します。

会場では各派遣会社のコーディネーターとカウンセリングをおこないます。カウンセリングでは、パソコンのスキルチェックや保有資格、ご自身のお仕事経験などについて話します。

さらに、お仕事についての要望なども伝えていきます。すると、その結果からご自身の希望にそうようなお仕事を紹介してもらえます。

ご自身が紹介されたお仕事につきたい場合は、派遣会社と雇用契約を結び派遣先で契約期間働きます。

契約期間が終了と同時に、派遣会社と結んでいた雇用契約も終了します。

その後は、再度派遣会社にお仕事を紹介してもらいます。お仕事につく空白期間ができないように、何社かの派遣会社に登録しておくのも良いでしょう。

通常派遣会社の求人が増加するのは、ボーナスが支払われる頃や新しい年度が始まる頃になります。

なぜなら、その頃に退職される方が多くなるからです。また派遣契約は通常3カ月きざみの契約が多いので、3月や6月、9月、12月などに求人数が増加します。

派遣でのお仕事を検討されている方は、求人が増加する月の前に派遣会社に登録をすませておきましょう。そうすると、求人数が多いなかから条件の良いお仕事を探しやすくなります。

派遣にも正社員雇用を目的とした紹介予定派遣など、さまざまな種類がありますのでじっくりと選んでいきましょう。