夏休みや冬休みなど長期休暇に派遣で働いてしっかり稼ごう

夏休み中の派遣のお仕事や派遣のお仕事での夏休みについて

夏休みなどの長期休暇を利用して、派遣会社の短期アルバイトをされる方も多いです。学生や社会人など、さまざまな方が働かれています。

しかし、30日以内のアルバイトについては働けない学生の方や社会人の方もおられます。

なぜなら、派遣法という法律によって制限があるからです。学生の働ける条件は、雇用保険の適用を受けていない事と定時制や通信制の学生でない事です。

社会人の方は、生業収入が500万円以上ある方なら働けます。

また、主婦の方については世帯収入が500万円以上ある事が働ける条件になります。

30日以内のお仕事であっても、職種によってはこの法律の適用外となります。

お仕事を探す際には、ご自身が働く事のできるお仕事かを事前に調べておきましょう。

派遣で夏休み中のお仕事を探される場合は、事前に派遣会社に登録しておく必要があります。

その為、ご自身が働きたい業界や専門分野、職種に特化している派遣会社を探しておく必要があります。

インターネットの総合派遣サイトや求人サイトなどを利用して探すと、希望にそった派遣会社を探しやすいです。

登録には、仮予約や登録会の予約などが必要です。

また、準備物などもありますので確認しておきましょう。

派遣社員として働かれている方は、派遣先で夏季休暇期間が決まっている場合はその間はお休みになります。

お休みの間は、お給料が発生しません。しかし、通常契約以外の休日については有給休暇が使用できます。

ご自身の派遣契約で定められている休日以外で派遣先の夏休みが定められている場合は、派遣会社に有給休暇を使用できるか確認しましょう。

派遣社員であっても、継続して6カ月勤務し、全労働日のうち8割以上出勤していれば有給休暇が翌日から10日分付与されますと労働基準法で定められていますので、有給取得できます。

しかし、同じ派遣会社であっても次の派遣先でお仕事を開始するまで1カ月以上あく場合は有給休暇が消滅してしまいますので注意が必要です。

派遣社員が有給を使用する場合は、派遣会社に有給休暇申請します。もちろん、派遣先会社側にもご自身や派遣会社を通じて休暇の報告をいれましょう。

また、各自がそれぞれ自由に夏休みを取得する派遣先の場合は自分自身のお給料や有給との兼ね合いや、周りの方との日程などのバランスを検討して有給申請し、有休を取得します。

しかし、派遣社員の場合は派遣会社に何日までに休暇申請するなどの決まりがある場合が多いです。

しっかりと、期日までに申請する必要がありますので注意しましょう。

有意義に夏休みを過ごせるように、派遣会社の決まりや就業規則をしっかりと確認しておきましょう。

派遣会社に登録して冬休みはリゾート地で働こう

夏休みや冬休みなどの長期休暇に期間限定バイトの短期バイトをする大学生や専門学生は大勢いますが、バイト求人サイトや求人情報誌に掲載されている短期バイト求人は人気があって倍率が高く、なかなか思うような仕事が見つからないというケースもよくあるでしょう。

そこで、効率よく仕事を見つけるための方法として、派遣会社に登録することをおすすめします。

派遣社員と聞くと、オフィスで働く事務員や工場で働く作業員のようなイメージを持っている人もいるでしょうが、派遣の仕事は本当に幅が広く、学生を積極的に採用するような求人もたくさんあります。

アルバイトでは、仕事探しから履歴書の作成、応募、面接と、すべて自分ひとりでやらなくてはいけませんが、派遣の仕事は、一度派遣会社に登録してしまえば、派遣会社が希望に合わせた求人を紹介してくれるので、仕事探しの労力がかからないというメリットがあります。

また、仕事先で何か困ったことが起きた場合、アルバイトなら自分ですべて対処しなければなりませんが、派遣の仕事なら派遣会社が対応してくれるので安心です。

給与の支払いや労働時間など事前に聞いた内容と違う場合でも、派遣会社に任せることができるので、自分は余計な心配をする必要がなく、仕事だけに集中することができます。

学生の冬休みのアルバイトの定番といえば、年賀状の仕分けや配達ですが、派遣の仕事なら、勤務地も勤務内容も幅が広いので、自分の好きなことをすることができます。中でもおすすめはリゾート地での仕事です。

リゾートバイトと呼ばれることが多いですが、その仕事内容は、リゾート地のホテルやスキー場などのスタッフとして接客や裏方作業が主になります。

冬休みなら冬休みだけの期間限定で、住み込みで働きます。

冬休みに人気があるリゾート地には、スキー場や温泉旅館、南の島などがあります。住み込みで仕事をすることが条件ですが、自由時間はリゾート地で自由に遊ぶことができるので、旅行感覚も味わえます。

また、食費や宿泊代がかからないところが多いので、冬休みのような短期間でも、普通のアルバイト以上にお金を稼ぐことが可能です。

スキー場での仕事の場合、リフトが無料で乗り放題などの特典がある場合が多いので、ウインタースポーツが好きな人にはおすすめです。

リゾート地での求人の探し方は、リゾートバイトを専門にしている人材派遣会社に登録して案件を紹介してもらうのが、もっとも簡単です。

注意する点として、募集が締め切られるのが早いという点が挙げられます。

冬休みの仕事なら、9月から募集しているところが多く、遅くとも12月に入る頃には大半の求人が締め切られてしまいます。

冬休みにリゾート地で働きたい場合は、早めに登録、応募するようにしましょう。

春休みを活かして派遣で稼ぐ

春休みも休暇期間が長い大学生にとって、学校が休みの間にお金を稼ぐことのできる短期バイトの仕事は魅力的です。

普段はレギュラーでアルバイトをしている学生も、休みの間は単発バイトの仕事を入れて、いつも以上に稼ぎたいと思うものでしょう。

しかし、休みの間だけ働けるような都合のいい短期アルバイトは、なかなか見つけにくいものです。

特に夏休みや春休みなどの期間は、同じように考える学生が多いので、アルバイト求人情報サイトやバイト求人情報誌に短期バイト求人特集として掲載され、単発の求人特集が組まれたりもしますが、応募が殺到してすぐに締め切られてしまいます。

長期のアルバイトなら見つけやすいですが、それだと自分が働きたい時だけ働くというスタイルは取りにくくなります。

せっかくの休みですから、レジャーや旅行にも出かけたいのは当然のことです。

遊びなどの予定を入れつつ、その合間を縫って1日~数日だけ働けるような仕事があれば理想的です。

そこでおすすめなのが派遣の仕事です。派遣社員と聞くと、昨今テレビや新聞などで、労働者派遣法の改正の是非が取り上げられているように、社会人の問題というイメージがありますが、派遣会社への登録に年齢制限はありません。

基本的に働いてもよい年齢の人なら、誰でも登録できます。

高校生が派遣社員として働くのは難しいかもしれませんが、大学生であれば、自分で自分の行動に責任を取ることができる年齢なので、まったく問題ないどころか、派遣会社でも貴重な労働力として歓迎してくれるでしょう。

派遣の仕事は、一般事務のように企業の中で正社員と同じように長期間働くスタイルもあれば、1日~数日程度の単発の仕事もあります。大学生が休みの間にできるのは後者でしょう。

単発の仕事にもさまざまな職種があり、チラシ配り、イベント整理、工場内の仕分け作業、接客、運送・配送業、現場作業など、多方面にわたります。

特別な資格や能力は必要ありませんし、人並みの体力・知力があれば務まる仕事が多いので、社会経験がないことを不安に思っている人でも、安心して仕事に臨めます。

また、春休みは引越しシーズンですので、引越し業者や運送業者からの求人が多くなります。

体力は必要ですが、1日限りの仕事が多く給料もいいので、男子学生には人気の仕事になっています。

単発の仕事が多い派遣会社はいくつかありますが、軽作業や試験監督といった仕事が豊富なランスタッドや、人員整理や販売などのイベントスタッフや軽作業が多いヒューマントラストなどは、大学生に特に人気があります。

派遣の仕事は、一度登録を済ませてしまえば、求人に応募するたびに履歴書を書いたり面接を受けたりする手間が省けるので、単発の仕事を考えている人は、長期の休みの前にぜひ派遣登録をしておきましょう。

ゴールデンウィークは派遣会社に登録して単発の仕事で稼ごう

普段は大学の講義などで忙しい学生の中には、5月のゴールデンウィークの連休は稼ぎ時とばかりに、短期アルバイトに精を出す人も多いようです。

しかし、ゴールデンウィークの期間だけ働きたいけれど、そんな都合のいい仕事が見つからないという人もいることでしょう。

そういう学生におすすめなのが派遣の仕事です。派遣というと、社会人専門のオフィスワークという印象が強いと思いますが、実は大学生歓迎で特別なスキルも経験も不要としている会社が多いのです。

ですからアルバイトよりも派遣の方が、短期求人では効率よく仕事を見つけることができるのです。

もし、アルバイト求人情報誌などで仕事を探すとなると、まず数ある求人情報をチェックし、やりたい仕事内容、勤務地や勤務曜日が希望に合うところを見つけるところから始めます。

応募したい仕事が見つかったら、履歴書を送り書類選考を通過したのち、採用面接を受けます。

面接の結果採用されてから、ようやく仕事に就くことができます。

もちろんこれはスムーズに行った場合の話で、不採用なら一からやり直しで、そこまでかかった時間もお金も無駄になります。

一方、派遣会社なら登録さえ済ませておけば、求人ごとに履歴書を作成して面接を受けるといった手間がかかりません。

希望の求人に外れたとしても、派遣会社から別の求人を紹介してもらえるので、時間もお金も無駄にかかりません。

また、1日限りの仕事が多いので、たとえある仕事が自分には合わないと思った場合でも、次の日には別の仕事に移るので、精神的にも負担が少ないのです。

求人が締め切られている場合でも、派遣の仕事では前日や当日に欠員が発生することもあるので、ゴールデンウィークの最終日まで仕事に就ける可能性は高いのです。

通常のアルバイトでは、はじめは短期バイトのつもりで仕事を始めても、雇用主に誘われてそのまま長期で勤めることになるケースも考えられます。

本人も気に入っているならいいことですが、アルバイトの場合、長期になると辞めづらいという問題があります。

その点、派遣は契約満了の日が明確に定められているので、まったく後腐れがありません。

「ゴールデンウィークだけ」のようにごく短期間に働くにはクールな関係の方がいいという人には、派遣の仕事の方が向いているでしょう。

ゴールデンウィークの派遣の仕事には、デパートや百貨店などでの臨時の販売員や、レストランなどの接客業、テーマパークやレジャー施設などの係員、イベント会場等での人員整理係などの短期スタッフの求人がよくあります。

派遣会社への登録にお金がかかることはありませんし、登録を解除するのも電話1本でOKなので、単発の仕事を探している学生の方は、派遣登録だけでもしておくとよいでしょう。