平日のみの仕事と単発派遣を組み合わせれば高収入も可能

派遣の仕事は、派遣先の企業によってさまざまです。業務内容や仕事内容、職種が派遣先の業種によって異なるのはもちろんですし、仕事をする日も、平日のみ、土日祝も含めて週に○回、などのように異なります。

また、半年や1年といった長期の派遣もあれば、最短では1日のみという単発派遣もあります。

このように、派遣では個人の都合に合わせた働き方を選べるという利点があります。

また、長期と単発の仕事を組み合わせて、通常よりも収入を上げる働き方もあります。

長期の派遣では、一般事務や営業事務のようにひとつの職場で、その会社の社員と同じようにオフィスワークをすることが一般的です。

社員と同じように月曜から金曜までが労働日で、土日が休日というパターンがもっともよく見られます。

長期間にわたって毎日が決まったスケジュールで動くので、安定した収入を上げるのに適していますし、仕事が平日のみなので、週末は自由に使えるのもメリットです。

これに対して単発派遣は、1日から数週間など、働く期間が短く限定されています。

こうした働き方は、長期的に安定した収入を得ることが目的ではなく、空いた時間を使って一時的な収入を得るために利用されることが多いのです。

フルタイムで長い期間働くことのできない学生などによく利用されており、大学生歓迎としている企業も多くあります。

また、長期派遣と単発派遣を組み合わせるWワークをすることで、より大きな収入を得ている派遣社員も存在します。

平日はオフィスで事務などに励み、土日はライブ会場設営補助作業やイベント整理スタッフなどの1日限りの仕事や作業をこなして、一般の派遣社員以上の収入を上げるといったパターンです。

これは、現在、平日のみ派遣で長期間仕事をしている人におすすめの方法です。

単発の仕事のみでは社会保険の加入条件を満たせない場合がありますし、一定の収入を得るには常に新しい仕事を探さなければなりませんが、長期で働いている人は社会保険にも加入できますし、平日は仕事が約束されているので、たとえ土日に仕事が見つからなくても焦る必要がありません。

また、同じ派遣会社からの仕事ならば、アルバイトのようにアルバイト情報誌やパイト求人情報サイトなどで募集情報を検索して仕事探しから面接まで自分でやらなくても、派遣会社に希望を出しておけばそれに見合った案件を紹介してくれて、いちいち面接を受ける必要もないので、余計な労力がかかりません。

ただし、派遣会社によっては掛け持ちで仕事ができない場合もあるので、長期と単発の仕事を組み合わせたいならば、その点を事前に派遣会社に確認しておく必要があります。

そこをクリアできれば、一度登録すれば応募から給料の受け取りまで派遣会社が調整してくれるので、仕事にのみ集中して収入を増やすことができます。

逆に派遣で土日のみ働きたい場合

派遣社員として働くメリットは、ご自身が希望する勤務地や時間帯、勤務日のお仕事につきやすい事です。

契約期間がある為、長期的に働く事は難しいですが土日のみ働きたい方や短時間働きたい方には最適な働き方です。

その為、大学生や主婦、副業として働かれる方などさまざまな方が派遣でお仕事をして活躍されています。

派遣のお仕事で土日のみ働きたい方は、ご自身が派遣のお仕事をおこなえるか調べる必要があります。

なぜなら、派遣法によって30日以内のお仕事については働く方についての決まりがあるからです。

働く事ができる対象者は、60歳以上の方や雇用保険の適用を受けない学生、生業収入が500万円以上ある方などです。

また、世帯収入が500万円以上ある主たる生計者でない方も働けます。

主たる生計者とは、世帯収入の5割以上をしめる方となります。しかし、定時制や通信制の学生は働けません。

お仕事の職種によっては、この規定は適用されません。せっかくお仕事を探して派遣会社に登録しても、これらに該当する方は働く事ができません。

その為、事前にご自身が該当者にあたるのかを確認しておきましょう。

派遣会社で働く場合は、事前に派遣会社に登録する必要があります。

しかし派遣会社は数多くありますので、どこに登録すればよいのか迷われる方も多いです。

各派遣会社は、得意とする職種や業界、地域などに特色があります。

その為、希望職種や業界などが決まっている場合には、その分野が得意である派遣会社に依頼するのが良いでしょう。

例えば、マスコミやアパレル、IT関係などです。また企業がグループ会社で派遣会社を運営している場合は、関連グループ会社の求人情報が豊富にあるのが特徴です。

登録したい人材派遣会社が決まった場合は、一般的にまず各社のサイトで仮登録をおこないます。

その後、派遣会社からの連絡を待つか、ご自身で派遣会社に電話して登録会参加の予約をしましょう。

登録場所はさまざまですが、交通費全額支給の床のは少なく自己負担の場合が多いので最寄りの場所やエリアで登録をおこないましょう。

また登録場所によって、働く場所も変わってきますので注意しましょう。登録会には、準備する持ち物などがあります。

しっかりと、人材派遣会社の方に確認しましょう。登録会では、パソコンでスキルチェックをおこなう会社が多いです。

また適正審査や過去のお仕事経験などのチェックもおこなわれます。

新卒OK、大学生歓迎のところもありますが、事務経験があるなど経験者優遇のお仕事紹介もありますので、これまでも仕事内容は細かく伝えましょう。

登録会では、派遣会社のコーディネーターとやスタッフとカウンセリングをおこないます。

ご自身のつきたいお仕事についての、希望条件をしっかりと伝えましょう。

派遣会社に登録して単発のお仕事を探そう

派遣会社に登録しておこなうお仕事には、さまざまな期間のお仕事があります。長期的なお仕事や1日、数日間の単発、短期のお仕事までさまざまです。

しかし、派遣法には雇用期間が30日以内となる単発の派遣のお仕事に関してはお仕事される方の条件が定められています。

その条件は、60歳以上の方や雇用保険の適用を受けない学生、生業収入が500万円以上あり副業として日雇い派遣に従事しようとされている方などです。

さらに、世帯収入が500万円以上あり主たる生計者でない方も該当者となります。

しかし、雇用保険の適用を受けない学生であっても定時制や通信制の学校に在学している場合は該当者になりませんので注意が必要です。

また、この規定の例外となる職種も存在しますのでしっかりと確認しましょう。

単発の派遣のお仕事は、学生や主婦の方などから特に人気が高いです。派遣のお仕事は、決まった時間や場所、内容でお仕事をおこないます。

一般的に残業などもない為、派遣のお仕事はプライベートの時間を有効活用されたい方や都合の良い空いた時間で効率的に働きたい方にお勧めの最適な働き方です。

アルバイトやパートに比べて、時給が高く給与面が良いのも人気の理由です。

派遣社員として単発のお仕事を検討されている方は、まず派遣会社に登録する必要があります。

登録する派遣会社を選ぶには、インターネットの求人情報サイトや求人誌の利用が便利です。単発のお仕事内容から登録する派遣会社を選び、各派遣会社に登録をおこなってからお仕事を紹介してもらいます。

最近では、まず最初に各社のサイトで仮登録をおこない、訪問の予約をします。

その後で、派遣会社に訪問して本登録をおこなうのが主流となっています。

本登録の際には、身分証明書や履歴書、職歴を記した職務経歴書などが必要になる場合が多いです。

さらに、顔写真や印鑑なども必要な場合があります。

しっかりと、必要になる物を事前に確認してから訪問しましょう。

本登録が終了すると、ご自身の希望条件に沿ったお仕事が早ければ当日に、遅ければ後日派遣会社から電話やメールなどで連絡され紹介されます。

就業先や勤務地など詳細確認しご自身が納得した場合は、お仕事を引き受けて派遣会社と契約をかわします。

派遣先でのお仕事が終了すると、派遣会社との契約も終了します。

また、新たなお仕事を探されたい場合は派遣会社に依頼して次のお仕事を紹介してもらいましょう。

派遣会社から紹介されるお仕事は、いつでもご自身の希望に沿ったお仕事ではありません。

その為、複数の派遣会社に登録されておくのも良いでしょう。

そうすると、働きたい場合に紹介してもらえるお仕事の幅も広がりお仕事を選びやすくなります。

日雇い派遣についての注意点

日雇い派遣とは、派遣会社に登録して1日単位で雇用契約を結び働くことを日雇い派遣といいます。

企業にとっては繁忙期の人員確保に便利な為、さまざまな企業で採用されています。

しかし、派遣法によって勤務日数30日以内のお仕事は働ける方などについての規定があります。

働ける方は、60歳以上の方や雇用保険の適用を受けない学生、本業・生業収入が500万円以上ある方などです。しかし学生であっても、定時制や通信制の学校の方は該当者になりません。

また、世帯収入が500万円以上あり主たる生計者でない方も働けます。主たる生計者とは、世帯年収の5割以上をしめる方となります。

つまり、年収が500万以上ないと日雇い派遣は原則禁止となるのです。

この規制の理由は労働者への責任の所在を明確にして、違法な業務への派遣や労働災害問題を防ぐ為に定められています。

また、不安定雇用の増加を阻止する目的もあるようです。お仕事の職種によっては、この規定の例外になります。

例外対象となる職種には、ソフトウエア開発や調査、事業の実施体制の企画・立案などがあります。

また、機会設計や財務処理、事務用機器操作、金融商品の営業なども含まれます。

さらに、取引文書作成や書籍等の通訳、翻訳、速記などといった文章に関わるものがあります。

次に、デモンストレーションや広告デザイン、秘書、添乗などの職種です。

他には、OAインストラクションや研究開発といった職種にセールスエンジニアの営業などもあります。

つまり、専門性が高い職種についてはどなたでも日雇い派遣が可能となっています。

派遣法で定められている30日以内の派遣のお仕事につく事ができない方は、直接雇用となるアルバイトやパートで短期のお仕事を探されるのが良いでしょう。

派遣法の該当者となる方が日雇い派遣を探される場合は、まず派遣会社に登録します。

派遣会社によって、派遣されるお仕事内容についても特徴があります。

例えば、工場内作業や事務作業、コンサートスタッフ等イベント関連作業などです。

登録をおこなう前に、ご自身が働きたい内容のお仕事を決めてから派遣会社を選ばれるのも良いでしょう。

派遣会社に登録するには、免許証や学生証など本人確認書類や履歴書、職務経歴書、顔写真、印鑑などが必要となる場合が多いです。

事前にしっかりと登録に必要な物を確認してから、登録をおこない派遣会社を訪問しましょう。

登録後は、ご自分の希望条件にそったお仕事がある場合は紹介してもらえます。

何社か派遣会社に登録しておくと、お仕事を選べる幅が広がります。

1日だけのような単発系の派遣の仕事における注意点

単発の仕事を探す際にバイト求人情報誌やサイトで短期バイトの求人募集のなかで自分の条件に合う仕事を探し、履歴書を送付し面接を受けるというのが一般的ですね。派遣に登録してみるのはいかがでしょう。

派遣の仕事には、1日だけのような単発バイト系の仕事が多くあります。

空き時間を使って稼ぐことができるので、学生や副業を探している人に人気ですが、単発系アルバイトの仕事をする上で、注意する点がいくつかあります。

まず、単発系の仕事の場合、現場に行ってみるまで、どんな作業を割り当てられるのか事前に確かめることができず具体的にはわからないことが多くあります。

イベントスタッフという求人でも、会場設営や裏方の仕事もあればお客さんを誘導する仕事もあるように、業務内容はさまざまです。

倉庫や工場内で物品の仕分けや商品管理をする場合でも、どんな物品を扱うことになるかは、その日の状況によっても異なります。

それにほとんどの場合、特別な研修などなく、仕事の開始前に簡単な仕事内容の説明がある程度ですぐに仕事に就かなければなりません。

当然、初めての現場では不慣れからの失敗もあるでしょうし、慣れる頃には仕事が終わりということもあるでしょう。

大切なのは失敗しないことではなく、わからないことはその場ですぐに聞くことと、失敗したらすぐ正直に報告することです。

また、指示にすぐに応えられる臨機応変さも求められます。

単発の仕事は、派遣会社に事前登録しておくだけで好きな時にエントリーできますし、職場の人間関係とも距離を置いて仕事ができるので、ひとりで黙々と仕事がしたい人にはうってつけです。

ただし、1日だけの仕事だからと態度が悪いようでは問題です。今日だけだからと手を抜くようでは、派遣全体の評判を落とすことにもなりかねません。

それに、ふたたび同じ現場で経験者歓迎として募集がかかることも大いにありうるので、1日だけの仕事であってもまじめに取り組んで損をするなどということはありません。

もうひとつ注意しなければならないのは、給料がいつ支払われるかということです。1日だけの仕事だからといって給料もその日払いであるとは限りません。

たとえば、末日締めの翌月25日払いの場合、月の上旬に働いたとしたら、給料を受け取れるまでおよそ1ヶ月半かかることになります。

日払い、週払い、月払いなど、給料の支給日は派遣会社によって違うので、登録時によく確認しておきましょう。

また、どのように給料を受け取るのかの確認も忘れてはなりません。

銀行振り込みのところもあれば、中には派遣会社まで取りにいかなければならないところもあるので、事前にチェックしておきましょう。

また、勤務地や現場までの交通費支給の有無も、単発系の仕事では大切な要素です。

時給だけを見て応募した結果、家から遠い現場までの交通費を自己負担するようなことになると、時間もお金も無駄にします。

仕事にエントリーする際には事前によく確認しておきましょう。

副業で派遣のお仕事をされる場合には

副業として、単発・短期派遣でアルバイトをされている方もおられます。

しかし、雇用期間が30日以内となる派遣のお仕事を探されている方は注意が必要です。なぜなら、派遣法によって働く方についての制限があるからです。

生業の年間給与収入が500万円以下の方は、副業としてこのようなお仕事で働くことは禁止されています。

さらに、世帯収入が500万円以下で主たる生計者でない方も働けません。主たる生計者とは、世帯収入の5割以上をしめる方です。

しかし、職種によってはこの規定の例外となるお仕事も存在します。

すでに複数の副業をされている場合は、収入の合計額ではなく本業と言える一番多い収入額が500万をこえている必要があります。

つまり、給与合計で500万以上収入があっても主たる業務での収入が500万をこえていない場合は働く事ができません。

30日以内の短期的な副業を検討されている方は、事前にしっかりとご自身が働けるお仕事か確認しておきましょう。

副業のアルバイトのメリットは、ご自身の空いている時間に希望にそったお仕事につける事です。

デメリットは、期間が決まっている事や経験者を即戦力として雇う場合が多いので、未経験職種については雇われにくい場合が多い事です。

さらに、派遣法の規定によって収入が低い方は短期の副業をおこないにくいのが現状です。

派遣のアルバイトで副業を検討されている方は、まず派遣会社に登録する必要があります。各派遣会社には、紹介するお仕事にも特徴があります。

例えば、工場内作業や事務職、催事関連のお仕事紹介に特化しているなどです。

その為、ご自身がどのようなお仕事をされたいかによって登録する派遣会社を選ぶ必要があります。

派遣会社に登録する場合は、まず派遣会社のサイトで仮登録をおこなうのが最近の主流です。

続いて、派遣会社にてカウンセリングや本登録をおこないます。

カウンセリングでは、過去のお仕事経験やパソコンなどのスキルを派遣会社へ伝えます。

さらに、働きたいお仕事の希望について詳しく伝えていきます。

例えば、お仕事内容や勤務時間、休みなどについてです。不安な事がある場合は、このカウンセリングでしっかりと確認しておきましょう。

本登録の際には、一般的に本人確認書類や履歴書、職務経歴書、顔写真などが必要になります。また、印鑑なども準備しておきましょう。

本登録後は、ご自身の希望にそったお仕事を紹介してもらいます。

お仕事を紹介されるタイミングは、本登録当日の場合もあれば後日の場合もあります。

後日の場合は、電話やメールでのお仕事紹介が主流です。

Wワーク(ダブルワーク)
本業の他に仕事を持つこと、つまり副業を持つことをダブルワークといいます。ダブルワークを行う際、現在の勤務先の就業規則を確認しましょう。

就業規則に副業を禁止する規定がある場合は原則ダブルワークはできません。

また、禁止されていなくともスケジュールの管理が難しい方はダブルワークを行うのは難しいでしょう。

ダブルワークの行い方、つまり副業の働き方はさまざまですが、多くの場合土日勤務、または夜勤業務など行っています。

また、副業を禁止している派遣会社は少ないため本業を派遣とすると副業をしやすいかもしれません。

副業での税金
副業の所得が年間20万円を越えるの場合、確定申告をする必要があります。確定申告を行うことで所得税と住民税、2つの税金について処理することが出来ます。

所得税は所得に応じてかかる税金で、本業と副業から所得に応じた税率で徴収されます。

住民税は前年度の本人の所得に対し、市町村が一括して徴収します。

本業のみの方は会社が徴収や調整をしている場合がほとんどですが、副業を行っている場合、副業分は本業側の会社では行えません。

そのため確定申告で両方の所得を足し、納税額が決まります。

確定申告をする必要がある場合は必ず行い、納税しましょう。