島根でおすすめの人材派遣会社登録

■地元に強い人材派遣会社 株式会社柳(りゅう)キャン
地元に強い人材派遣会社は大手が目白押しですが、中には地元の中の地元というべき派遣専門の会社があります。こちらは島根県内の人材派遣の会社です。地元のニーズに密着しており、サービスがきめ細やかです。地元に強い派遣会社で、最初に登録すればスタッフが最適の企業を見つけてくれる確率は高いでしょう。

■メイツ中国 山陰支店(松江市)
株主は中国地方の大手企業が多く参加しています。株式会社中国新聞社 、中国電力株式会社、広島ガス株式会社 、株式会社中国放送等が株主で、人材派遣事業、 有料職業紹介事業、 教育・研修事業等を行っています。

人材派遣事業では、人材のスキルと派遣先とのマッチングはもちろんのこと適材適所、必要な期間の人材派遣に迅速な対応をしています。設立後25年の企業との関係を活かし、顧客との信頼関係の上で丁寧にヒアリングを重ね人材を選びます。派遣社員を目指す人は派遣会社と契約し、派遣先の指示で決められた期間内働くために登録をします。雇用関係はメイツ中国と結び、給与も受け取ります。派遣会社と派遣社員が契約関係を結び、仕事内容の調整や社会保険の手続き、問題解決を行います。登録方法は電話とWEBの2種類です。登録後に実際にメイツ中国に出向き、手続きをさらに進めます。適性試験、OAスキルチェックを行い、キャリアについて相談をして登録完了です。

特徴としては、中国新聞、中国電力での求人が別枠で設けられていることです。件数はそれほど多くはありませんが、知名度の高い企業を求める方は登録の価値があります。また、WEBには公開されていない非公開の求人もありますので、登録するメリットは大きいと言えます。

■オー人事のスタッフサービス
松江市に登録センターがあります。島根県は製造業が少なく県内の産業をけん引するのは小規模な会社が多いという現状ですが、それは人材派遣を求める企業が多いとも考えられます。製造業では食品関係が一番多いので食品の工場での労働力の需要が多いと考えられます。次いで電子部品やデバイスの製造業も多く工場での派遣社員の需要は大いに見込めます。

島根県のスタッフサービスが扱う求人は400件ほどで、福祉関係、工場の管理、電話業務など多岐に渡る求人があります。スタッフサービスの人材派遣には「登録型派遣」「紹介予定派遣」「常用型派遣」があります。契約は派遣先によって様々ですが、島根県の傾向としては長く同じところで働きたいという希望が多いようです。登録型派遣は派遣先の仕事がある期間のみの労働契約で、常用型派遣は長い期間スタッフサービスと契約し派遣期間が終了してもスタッフサービスとの雇用関係は続きます。紹介予定派遣というのは、一定期間派遣先で働いたのちに職場の雰囲気を知ってから派遣先との合意を図って正社員に変えられるという制度です。

島根県の誘致活動により大型のコールセンターが増加しました。コールセンターは無休で営業していますので人材の需要は多いといえます。また、島根県では結婚後、出産後に仕事に復帰したいと登録する女性が多いのが特徴で、産休の間の代替要員としての派遣が多い様です。

登録会は、会社に実際出向いてスタッフと面談形式で登録するもので、相談したい事がある場合やすぐに就職したい場合にはこちらの登録がベターです。WEBに公開される前の求人が公開されているのでパソコンからの登録に比べて早く対応してもらえます。時間がなかったり、すぐに就業できない場合はパソコンで登録ができます。派遣後のフォローもしっかりしていて、ときどき営業担当者が派遣先まで訪問するなどの営業活動をすることが多いので派遣社員としては仕事がやりやすいと言えそうです。

スタッフサービスの松江市でのマージン率は34%で、派遣労働者賃金(1日当たり)平均が13133円で、労働者への給料(1日平均)平均が8674円です。

■パソナ
松江と出雲の二か所に登録所があります。松江市には金融やIT、コールセンター等の業種が豊富な地域です。一番多い職種が部署アシスタントで、続いて金融事務、ITエンジニアとなっています。出雲市(県の東部のエリア)では、金融事務、部署アシスタント、庶務事務がニーズのある職種です。

パソナの人材派遣の歴史は1970年代から始まっています。育児を終えてからもう一度働きたいという家庭の主婦の、若い頃に培った労働力を活かしたいという思いで人材派遣業を開始しました。以来働く女性のサポートを行ってきたパソナですが、2013年には全国中小企業団体中央会より委託され、子育ての安定後の再就職を希望する人達への、キャリアに関する相談会や職場実習を行い再就職の後押しを始めました。その後も女性の社会参加への後押しをするプロジェクトはどんどん進化しています。

派遣登録して8年の人の話を聞きました。某大手人材派遣会社に複数4件同時に登録して働いていたそうで、やはり良くも悪くも派遣は短期間で仕事が切り替わることが特徴で、それを良い方に解釈したのが長続きの秘訣だそうです。例えば職場環境が悪かった場合、契約後なので自分の信用を落とさないためにはやめる訳にもいかず続けましたが、3か月間という期限付きがこの場合のメリットだったそうです。この場合は、携帯電話の販売員で、中には驚くような形で顧客が苦情を言ってくるというお話がありました。また、パソナの場合は時給が良い(平均1100円)のも続けられるメリットです。

■テンプスタッフ
昨年3月に「優良派遣事業者」に認定されました。これは一定の基準を満たした派遣事業者を国が優良認定する制度です。また、「派遣スタッフ満足度調査」で16項目中11項目で満足度1位を獲得しています。派遣会社に登録して仕事をすることは、派遣会社と雇用契約を結び派遣先企業とは直接契約しません。あくまでも雇用主はテンプスタッフで、給料や福利厚生はこちらで受けることになり派遣先では仕事の指示を受ける形です。自分のキャリアを自分の成長具合や自分の意志で自由に決められるのが魅力です。自分が積みたい経験を派遣先で積み、途中で紹介予定派遣という制度で正社員に登用されることも可能です。

島根県における事務職の紹介予定派遣者数はテンプスタッフが1位でした。また、今までのキャリアを活かしたいけど、ブランクがある方はある程度派遣の仕事で実務を経験した後に紹介予定派遣で一定期間働いたのちに正社員に切り替えることが可能です。

派遣社員として働くのはテンプグループと雇用契約を結び、派遣先企業に出向きます。給料や福利厚生や年金などはすべて雇用主となるテンプグループからもらうことになります。派遣先では仕事の指示を受け、必要な期間内働いて契約期間のみ働きます。

派遣社員の良い点は、激務を避けられるという点です。派遣契約で決められているので残業のない職場を選ぶことができます。以前正社員のときは激務のせいで休日は横になっているだけだったという生活も解消され、派遣社員への転向後は夢も出来て余暇はその夢のための準備に勉強が出来るようになったという方もいらっしゃいます。その他、前職では叶えられなかった職業をテンプスタッフのネームバリューで得ることが出来た人もいます。個人で就職活動しているより、より良いチャンスが巡ってきたという経験談もあります。仕事はある程度やってみなければわからないという点がありますので、テンプスタッフの紹介予定派遣はとても良いツールとなりそうです。