派遣のお仕事で短時間働こう

お子様がいらっしゃるご家庭や介護をされているご家庭、扶養控除内で働きたい方などは、短時間勤務を望まれる方も多いです。

また結婚などをきっかけにライフスタイルが大きく変化された方や育児によって長期的にお仕事を休まれていた方などの仕事復帰の一環として、週に数日や短時間のお仕事などを派遣で探される方も多いです。

そして、アルバイトやパートなどの雇用形態よりも派遣の方が高時給額になりやすいため短時間でも十分な給与を得られやすいのです。

派遣会社によっては、ステップアップ講座やサポート体制も充実していますので、即戦力を求める求人募集もいずれ受けられるでしょう。

それぞれの方の状況に合ったお仕事を紹介してもらえるのが、派遣で働く最大の魅力です。

つまり、派遣会社のお仕事は、さまざまな希望にそったお仕事を紹介してもらえます。

なぜなら、登録の際に希望を伝えてから派遣会社がお仕事を探しだして紹介してくれるからです。

また、パートやアルバイトよりも時給が高い場合も多いです。さらに、過去のお仕事経験をいかしてお仕事を探してもらう事も可能です。

人間関係などが苦手な方も、働く期間が定まっているので働いてからお仕事のみに集中しやすいのも特徴です。

派遣のお仕事は、人材派遣会社と雇用契約を結びます。契約更新やお仕事についた後の派遣先でのトラブルなどについての相談先は、派遣会社となります。

その為、ご自身が安心できる派遣会社と契約する事が大事です。しっかりと、各派遣会社を比較してから登録する様にしましょう。

各派遣会社それぞれに、紹介されているお仕事内容にも特徴があります。

各社のお仕事内容を調べてから、ご自身の希望にそったお仕事を数多く紹介している派遣会社を選んで登録しましょう。

そうすると、必然的にご自身の希望に沿ったお仕事の紹介数が多くなります。

派遣会社に登録するには、まず派遣会社のホームページから仮登録をおこないます。その後は、派遣会社に約束の日時に訪問して本登録やカウンセリングをおこないます。

本登録の際には、本人確認書類や履歴書、職務経歴書などの提出が必要になる場合が多いです。準備物もしっかりと確認しておきましょう。

カウンセリングでは、これまでのお仕事経験や希望のお仕事内容、勤務時間、休日などについて派遣会社の方に伝えます。

この際、パソコンのスキルチェックをおこなう派遣会社もあります。

本登録後は、派遣会社からご自身の希望に沿った求人情報の紹介が電話連絡などであります。

ご自身が納得された場合は、派遣会社と雇用契約を結びます。すると、派遣先でのお仕事が開始されます。

お仕事の契約期間が終了すると、派遣会社との契約も終了する事になります。

派遣のお仕事で働いて、仕事や家庭、自分の時間も大切にしていきましょう。

午前中のみ働きたい方は派遣会社の登録を検討しよう

派遣会社に登録してお仕事を探すメリットは、自分の希望や都合にそったお仕事を探しやすい点があげられます。

その為、午後から働きたい方や土日は必ず休みたい方、週に数日だけ働きたい方などには最適です。

なぜこのような事が可能な理由は、派遣会社のお仕事は派遣会社に登録をおこなってから決定できるからです。派遣会社に登録する際には、ご自身の働き方についての希望をすべて伝えます。

すると、ご自身の希望にそったお仕事を派遣会社の方が探しだして紹介してくれます。つまり、ご自身で希望に合うお仕事を探す手間も省けます。

もちろんすべての希望条件に合うお仕事ばかりではありませんが、ゆずれない点をしっかりと伝える事でかなり絞ってお仕事を紹介してもらえます。

その他のメリットには、パートやアルバイトと給与面で比べると時給が高い場合が多い点や社会保険や条件を満たすと厚生年金や有給休暇の対象にもなる事です。

しかし、ボーナスや勤務先への交通費がなく雇用期間が決まっている事はデメリットとなります。

派遣のお仕事は、数日間や1ヶ月、3ヶ月きざみの期間のものまでさまざまあります。しかし、30日以内のお仕事に関しては働かれる方についての制限があります。つまり、働きたくても働けない方がおられますので注意しましょう。

また、長期的に働きたい方でも最初に3カ月程度の契約が結ばれる事が多いです。

なぜなら、派遣先で今後も契約したい人材かをその期間で判断するためです。その為、派遣先の意向にそわない人材である場合は契約打ち切りとなり契約更新がおこなわれません。

もちろん、ご自身もこの間に今後も働きたい職場であるかを判断して契約更新しない事も可能です。

つまり、派遣先のためだけでなくご自身にとっても最初の契約期間を短くする事は有益です。

契約更新は、両者の合意がある場合のみ更新となります。両者の合意がない場合は、そこで契約終了となります。

登録する派遣会社が決まったら、まずは各社サイトから仮登録をおこないましょう。本登録は、各社に訪問しておこないます。

本登録の際には、カウンセリングもおこないます。カウンセリングでは、ご自身の過去や現在のお仕事内容や経験・取得資格、希望職種やその仕事内容について派遣会社の方と話します。

本登録が終了すると、派遣会社からご自身の希望に沿ったお仕事の紹介があります。

ご自身の希望にそっている場合は、派遣会社と雇用契約を結び派遣先でお仕事を開始します。

お仕事の最中に就業先でのトラブルや相談がある場合には、派遣会社の担当者に電話やメールなどで連絡し質問や相談をして解決してもらいます。

派遣会社は、定期健康診断などの福利厚生で選ぶのでは無く、先輩登録者の声などを調べ、ご自身が安心、信頼できる会社を選びましょう。

派遣会社で午後からのお仕事を見つけよう

派遣会社に登録してお仕事を探すメリットは、自分の希望や都合にそったお仕事を探しやすい点があげられます。その為、午後から働きたい方や土日は必ず休みたい方、週に数日だけ働きたい方などには最適です。

なぜこのような事が可能な理由は、派遣会社のお仕事は派遣会社に登録をおこなってから決定できるからです。派遣会社に登録する際には、ご自身の働き方についての希望をすべて伝えます。

すると、ご自身の希望にそったお仕事を派遣会社の方が探しだして紹介してくれます。

つまり、ご自身で希望に合うお仕事を探す手間も省けます。

もちろんすべての希望条件に合うお仕事ばかりではありませんが、ゆずれない点をしっかりと伝える事でかなり絞ってお仕事を紹介してもらえます。

その他のメリットには、パートやアルバイトと給与面で比べると時給が高い場合が多い点や社会保険や条件を満たすと厚生年金や有給休暇の対象にもなる事です。

しかし、ボーナスや勤務先への交通費がなく雇用期間が決まっている事はデメリットとなります。

派遣のお仕事は、数日間や1ヶ月、3ヶ月きざみの期間のものまでさまざまあります。しかし、30日以内のお仕事に関しては働かれる方についての制限があります。

つまり、働きたくても働けない方がおられますので注意しましょう。また、長期的に働きたい方でも最初に3カ月程度の契約が結ばれる事が多いです。なぜなら、派遣先で今後も契約したい人材かをその期間で判断するためです。

その為、派遣先の意向にそわない人材である場合は契約打ち切りとなり契約更新がおこなわれません。

もちろん、ご自身もこの間に今後も働きたい職場であるかを判断して契約更新しない事も可能です。

つまり、派遣先のためだけでなくご自身にとっても最初の契約期間を短くする事は有益です。

契約更新は、両者の合意がある場合のみ更新となります。両者の合意がない場合は、そこで契約終了となります。

登録する派遣会社が決まったら、まずは各社サイトから仮登録をおこないましょう。本登録は、各社に訪問しておこないます。

本登録の際には、カウンセリングもおこないます。

カウンセリングでは、ご自身の過去や現在のお仕事内容や経験・取得資格、希望職種やその仕事内容について派遣会社の方と話します。

本登録が終了すると、派遣会社からご自身の希望に沿ったお仕事の紹介があります。ご自身の希望にそっている場合は、派遣会社と雇用契約を結び派遣先でお仕事を開始します。

お仕事の最中に就業先でのトラブルや相談がある場合には、派遣会社の担当者に電話やメールなどで連絡し質問や相談をして解決してもらいます。

派遣会社は、定期健康診断などの福利厚生で選ぶのでは無く、先輩登録者の声などを調べ、ご自身が安心、信頼できる会社を選びましょう。

夜勤のお仕事も派遣会社で探そう

派遣会社に登録して夜勤で働く方にとっては、時給の良さも魅力の一つです。しかし、未成年者の場合は労働基準法の規定によって夜勤の時間帯で働く事ができない場合があるので注意しましょう。

なぜ夜勤勤務の時給が高いかと言うと、午後10時から午前5時までの間の深夜勤務については、労働基準法による割増賃金の定めがあるからです。

この時間帯の賃金は、通常労働時間の賃金計算額の2割5分以上の割増賃金を支払う決まりになっています。

これは、22時以降に開始するお仕事であっても同じです。このことにより日勤より夜勤の方が時給が高めなのです。

また副業で夜勤をされる場合は、別々の勤務先であっても同一日に働いた勤務時間は通算されます。

その為時間外手当に該当する場合がありますので、しっかりと派遣会社の方に確認しておきましょう。

しかし、副業の場合は派遣法によって働く事ができない方もおられます。それは、生業収入が500万円以上ない方などです。

副業で夜勤をされようとしている方は、応募する前に自分が働けるのかを確認しましょう。

各派遣会社によって、深夜業務についての割増賃金についての記載はさまざまです。例えば、時給欄のところに深夜時間帯は賃金割増などと明記している会社もあります。

しかし、会社によっては深夜手当てを含んだ時給を記載している場合もあります。

まずは、求人内容からご自身の条件に合う仕事内容や興味が持てるお仕事を検索してみましょう。その際に、時給欄の記載や給料日に関してもチェックしておきます。

もし、時給欄の記載内容で割増賃金の扱いが不明な場合には派遣会社に直接質問してみましょう。

夜勤の派遣業務の職場には、工場勤務作業や電話対応業務、介護業務、看護師の病院勤務などさまざまあります。

ご自身が希望されるお仕事を得意とする、派遣会社を探すのも大事です。

なぜなら、各派遣会社によって紹介するお仕事にも得意分野があるからです。

しっかりと、登録する前に派遣会社の特徴も確認しておきましょう。

派遣会社に登録するには、まず最初に各社のホームページから仮登録するのが一般的です。その後派遣会社を訪問して、本登録の手続きをおこないます。

本登録の際には、これまでのお仕事経験や希望のお仕事内容、勤務時間、休みなどについて派遣会社の方とカウンセリングをおこないます。

この際に、しっかりと深夜手当や時間外手当についても確認しておきましょう。

本登録後は、派遣会社から本登録当日や後日にお仕事の紹介があります。ご自身が納得された場合は、お仕事を開始する時期などを派遣会社と相談します。

派遣会社と契約された後で、派遣先でのお仕事を開始します。契約期間が終了すると、派遣会社との契約も終了する事になります。

労働基準法による深夜業の制限
労働基準法により、満18歳未満の年少者は22時から翌5時までの勤務は原則禁止されています。

また満15歳に達した日より後の最初の3月31日を過ぎていない者については20時から翌5時までの勤務も禁止されます。

ただし、いくつかの例外があり、
満16歳以上の男性で交代制を用いる業務。
交代制を用いて行政官庁の許可を得ている業務の場合、22:30までの勤務。
農林水産業に関わる業務。
災害等緊急時において雇用者が行政官庁の許可を得て行う業務。

など上記の場合において例外的に深夜勤務が認められます。