外国人の方も派遣会社に登録してお仕事が探せます 

外国人の方が日本で働き口を探される場合は、派遣会社に登録されて派遣会社にお仕事を探してもらう方法もあります。最近は企業の国際化も進み、以前より外国人の方もお仕事を探しやすくなっています。

派遣社員は、働く会社ではなく派遣会社と雇用契約を結びます。

決まった時間や期間、休日を決定してから働きますので、ご自身の都合に合わせて働きやすいのも人気の理由です。

しかし、契約が必ず更新される保証はありませんので、長期的に働きたい方はしっかりと検討する必要があります。

外国の方が日本で働かれる場合は、出入国管理及び難民認定法の規則に従う必要があります。永住者や日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住者としての在留資格がある外国人の方はどのような職業でも就労でき転職も可能です。

一定の範囲内の職種や業種、勤務内容に限って就労が可能な在留資格の方は、他の在留資格に属するお仕事をされる場合は資格外活動の許可又は在留資格変更の許可が必要となります。

不法就労とならないように、就労の際はしっかりと情報を確認しましょう。

在留資格の詳細については、地方入国管理局に問い合わせて確認する事ができます。

派遣会社に登録する場合は、インターネットで派遣会社を探されるのが便利です。登録したい派遣会社が決定したら、各社のサイトで仮登録をおこないます。

その後、派遣会社に訪問して希望のお仕事内容やご自身の能力などを伝え本登録をおこないます。

登録の際には、就労可能な在留資格がある事が前提になります。その確認の為に、外国人登録証明書が必要になる場合が多いです。

本登録の前には、ご自身の在留資格でお仕事を紹介してもらえるのかをしっかりと確認します。

一般的に、資格外活動許可範囲内のお仕事は取扱が極めて少なく紹介してもらう事が難しいです。

また、本登録手続きやその他の手続きに関して日本語のみで対応しておられる派遣会社も多いです。

その為、日本語でのコミュニケーションや読み書きが難しい場合は登録ができない場合もありますので、日本語能力が求められる可能性があります。

派遣会社に登録する場合は、外国人の方のお仕事紹介に特化されている会社を探しましょう。派遣会社にはそれぞれ特徴があり、得意な業界や業種があります。

まずは何社か派遣会社に登録をおこない、お仕事を探していきましょう。

紹介されたお仕事をじっくりと検討されたい方も、お仕事を各派遣会社から紹介してもらう事で幅広く選べます。

お仕事につかれた後も、派遣会社がさまざまな交渉を派遣先とおこなってくれます。

相談などにものってもらう機会も多いので、自分が信頼できる派遣会社を選びましょう。

ビザとは
ビザとは入国許可証に相当します。パスポートがあれば良いのではないかとも思われますが、パスポートは国籍身分を示す証明書ですので、パスポートだけで入国することはできません。

日本の場合、ビザ不要で入国しても良いという協定を結んでいる国が多くあるため、パスポートのみで入国できる国が多くあるのです。

留学や仕事で海外へ行く場合は、就労ビザや学生ビザが必要ですが、観光などの旅行では、各国で決められている滞在可能期間内であれば、許可を取らずとも行くことができるのです。

もちろん、協定を結んでいない国では観光旅行であってもビザが必要ですし、ビザには有効期限があるのでビザ更新を怠ると不法入国者として扱われる可能性があるので気をつけましょう。

外国人雇用への取り組み
厚生労働省により、外国人の方々が集中して住まわれている地域を中心に、外国人求職者の専門の相談員や英語やスペイン語などの通訳を配置し、職業相談ができる体制を整備しています。

また、仕事に就く上での在留資格上に制限のない身分に基づく在留資格で日本に在住する外国人を対象に、日本語会話能力の向上や、労働法令、雇用慣行、労働・社会保険制度等に関する知識の修得を目指した研修が実施されるなど、受け入れ態勢を整える活動が行われています。