ニートの方も派遣会社にまず登録しよう 

ニートとは、さまざまな理由から就学や就労、家事、職業訓練などをおこなっておられない方を指す言葉です。

ニートになられる理由はさまざまで、求職中の方や病気でお仕事をできない方などもおられます。また、一般的に若い方を指す場合が多いです。

現在ニートの方が求職活動をされる場合は、さまざまな雇用形態のお仕事のなかから選ばれる事になります。

雇用形態には、アルバイトやパート、派遣社員、正社員などがあります。アルバイトやパート、派遣社員は、時給制で働く場合が多いです。

最近ニートの方から注目されている雇用形態は、派遣社員です。なぜなら、派遣社員はアルバイトやパートよりも時給が高い場合が多く、ご自身の都合に合わせてお仕事を選びやすいからです。

なぜなら、まず派遣会社に給与などのご自身の希望条件を伝えてから、希望に沿った仕事内容の求人を探してもらえるからです。

その為、お仕事探しの効率も良いです。未経験のお仕事や過去のアルバイト経験、取得している資格やスキル、お仕事の経験を活かしたお仕事を探してもらう事も可能です。

しかし、タイミングよくご自身の希望通りのお仕事が見つかるとは限りません。

派遣社員の求人案件は、急な欠員や仕事量の増加にともなう人員の補充目的が多いからです。

つまり、突発的な求人が多くすぐに働ける方を求める求人が多いです。

その為、求人が発生してから働く方が決定するまでの期間も短い場合が多いです。

派遣会社の求人が増加するのは、3月や6月、9月、12月と言われています。そのなかでも、2月から3月は4月から新年度が始まる会社が多いので求人が増加します。派遣契約の更新は、さまざまありますが一般的に3ヶ月きざみの会社が多いです。

派遣社員として働こうとされている方は、求人が増加する月までに派遣会社に登録を済ませておきましょう。

そうする事で、求職活動をスムーズにおこなう事ができます。

派遣会社は派遣先企業でのお仕事が始まってからも、さまざまな相談にのってくれます。お仕事先と直接話し合う必要がないので、さまざまな悩み事や問題もスムーズに解決できます。

それは、お仕事をする際に雇用契約を結ぶのは派遣会社とご自身の間となるからです。

その為、派遣会社に登録する際は評判などを調べ、しっかりと派遣会社の長所や短所を比較して選んでいきましょう。

登録方法は各社でさまざまですので、各社の方法に従います。

最近では、インターネットから各社のwebサイト、ホームページを検索して各社に仮登録をおこないます。

その後で、会社に訪問して本登録する場合が多くなっています。

本登録の際、運転免許証などの本人確認書類が必要になる場合もありますので忘れずに持参しましょう。派遣会社によってはスキルチェックを実施するところもあります。

派遣社員として働く事を検討されている方は、まず派遣会社に登録をし、準備をすませましょう。