30代、40代、50代、60代と年齢別でおすすめの派遣登録

30代の派遣登録について

30代ビジネスマン

派遣会社に登録して派遣社員として仕事をしようとする人には、30代以降の年齢の人も大勢います。しかし派遣会社に登録する30歳以上の年齢の人は、仕事が紹介されにくいのではと心配している人も要るでしょう。

これは、派遣社員の求人に限った事ではなく、正社員の求人や雇用についても同様です。

実際、30歳以上の求人は正社員と派遣社員であれば派遣社員の求人の方が需要は高いです。

求人情報で求職している人には、人それぞれ自分自身の経験や職種、女性であれば結婚して子供がいるとか、職種内容などに希望がさまざまあります。

こだわりがある方には、派遣社員の方がお仕事を探しやすい場合もあります。例えば、子供がいる家庭ではフルタイム勤務ではなく働く時間帯や休みを子供の生活に合わせたいという人も多いです。

正社員よりもそのような希望に添いやすいのが、派遣社員です。また長期間休職していた場合でも、自分自身の資格や過去の職務経験をいかせる仕事を探しやすいです。

その為、即戦力として仕事先で活躍できるのでたとえば一流企業の職場にもなじみやすくなります。

派遣社員として仕事をする契約には、大きく分けて3種類あります。それは、一般労働者派遣と特定労働者派遣、そして紹介予定派遣です。

一般労働者派遣が最も一般的で、派遣会社から仕事先を紹介してもらいます。

仕事内容や時給などの条件が希望に合う場合は、派遣会社と雇用契約を結びます。仕事先での勤務期間が終わると、雇用契約も解消されます。

特定労働者派遣は、まず派遣会社と雇用契約を結び、その後仕事先を紹介されます。

仕事先での勤務期間が終わった後でも、派遣会社との契約は解消されず継続するのが特徴です。

これは、主に専門職の人材派遣で適用されている方法です。紹介予定派遣は、仕事先を紹介してもらい派遣会社と雇用契約を結びます。

しかし契約満了後に仕事先と自分自身が合意した場合は、仕事先と正社員契約を結ぶことができ晴れて正規雇用となります。

つまり、派遣期間の終了後に正社員として働く予定で派遣社員として働き始めます。

派遣社員として働く場合は、通常ボーナスはありません。しかし、社会保険には入る事ができます。

また、有給や失業保険も条件を満たせばしっかりと保障されています。

有給が与えられるのは、同一の派遣会社に6カ月以上継続して勤務しており労働日の8割以上出勤している場合です。これを満たせば、10日間の有給休暇が与えられます。

それ以降は、1年ごとに1日ずつ付与される日数が増えていき最高で20日まで与えられます。

最近では正社員として求職活動中の方が正社員として採用されるまでの間、派遣社員として働く事もめずらしくありません。

様々な雇用形態がありますが、就職活動として年代に関係なく仕事内容が自分自身の希望と合っている仕事を探す為に、多くの募集案件をチェックするためにも派遣会社登録を検討していきましょう。

40代で初めて派遣会社に登録する

40代ビジネスマン
40代に入ってさまざまな事情で求職活動されている方は、大勢います。その人たちに注目されているのが、派遣会社に登録して派遣社員として働く事です。最近では正社員として勤務している人ばかりでなく、派遣社員として働いている40代の方も増えてきています。

また正社員としての求職活動中に、契約社員として働く方も増加しています。

契約社員は社会保険にも加入できますので、条件を満たせば有給や失業保険も保障されています。

その為、家族がいる場合でも安心して働く事ができます。

年齢が上がっていくと、専門職以外では求人が減るように感じるのは事実です。

しかし派遣社員の求人では、40代や50代の方でも貿易事務や簿記など金融関係の会社での経理経験、コールセンター勤務での電話応対などOA事務経験など過去のキャリアなど、仮にブランクが少しあって正直あまり自信がなかったとしても自分の持っているスキルをいかせる求人が豊富にあります。

その為、派遣会社でも積極的に40代以上の方へ仕事を紹介をしている会社も多いです。派遣会社ごとに特徴があり、得意な業種や職種があります。

しっかりと派遣会社の特徴を調べてから、自分自身の希望に合った派遣会社で仕事紹介をして貰いながら仕事を探していきましょう。

派遣社員として働くメリットは、過去の仕事のスキルや経験を活かせる事です。派遣会社に自分自身のスキルや経験を伝える事で、その経験を活かした仕事を紹介してもらえます。

つまり過去の経験を活かして即戦力として働けるので、新しい職場でもなじみやすく仕事もしやすいです。

デメリットは、雇用期間に限りがあり期間限定されている事です。通常は契約更新が3カ月に1度あり、契約更新月の1カ月前に更新しない事を伝えられて契約が終わる事もあります。

つまり長期的に働いていても、契約更新のたびに仕事が1カ月先になくなる不安があります。

契約更新期間は、1カ月や3カ月、6カ月や1年などさまざまあります。

自分自身の働き方や求める仕事内容から自分自身にあった仕事を選んで働く事ができるので、経験が豊かな40代の方にも派遣社員は最適な働き方です。

また、派遣社員として働いた後に正社員雇用を予定している紹介予定派遣などもあります。

これは仕事先で自分自身が派遣社員として働いた後、仕事先と合意した場合に正社員として直接雇用契約を結びます。

また専門性の高い仕事を経験していた人は、特定労働者派遣も検討できます。

この契約も派遣会社と契約を結びますが、仕事先の勤務契約期間が終了した後も派遣会社との契約は解消されません。

現在では終身雇用制度ばかりではなく、さまざまな働き方が増えてきています。自分自身に合った働き方や仕事を探す方法もさまざまです。

興味のある人は、一度派遣会社に登録して理想通りの仕事を探してみてください。

50代からの派遣登録は知識や経験が重視される

50代夫婦
たとえ年齢が40代、50代でも派遣会社に登録して自分が希望した派遣の仕事で活躍している人はたくさんいます。

そういう人たちの中には、これまで積み上げたキャリアやデータ入力での入力スピードなどのスキルを活かして、正社員より自由度の高い働き方を目指した結果、派遣の仕事に行き着いたという人たちもいるようです。

また、子育てが終わった女性の中にも、事務職などの一般事務などで無理のない範囲で働ける限りは働きに出たいと考え、派遣を選択する方もいるのです。

派遣社員として求められている人材は、比較的低賃金で取り替えの効く若年層が中心であるという見方も確かに存在しますが、数ある大手企業や一流企業の中には、例えば経理担当などのその職場にあった職種で豊富な経験能力や知識を備えた、質の高い即戦力となる人材を探している企業も存在します。

その場合、企業が次に進むために求める人材イメージは明確で、「○○について専門的な見識を提示してほしい」「専門性の高い○○の職務をこなせる人材が不足している」などの案件にみられるように、事務系などの派遣社員を単なる取り換えの効く一労働力ではなく、助っ人的な役割を果たせる能力を持った即戦力として捉え、そういった人材の勤務を希望しています。

実際、40代、50代の年齢の人たちは、例えば子育てを終え一段落していたり、若い世代には足りない経験という財産を持っています。

企業があえて若者ではなく中高年を派遣社員として雇う理由は、自分自身がこれまでの社会人経験で培ってきた人間関係やコミュニケーション能力などの財産を存分に活かしてほしいと考えているからです。

ですから、派遣社員として働く中高年の方は、その要望に応えられるだけの熱意を示すことが大切です。

たとえ知識や経験にそれほど自信が持てなかったとしても、大人としての責任感や努力している姿勢を示して、積極的に自分をアピールすることで採用される可能性は十分あります。

仕事選びの際には、自分自身がこれまでの人生の中でどんな知識や経験を蓄積してきたか、また、それを職場ならではのアウトプットをすることができるのかをじっくり考えてから応募するようにしましょう。

派遣会社の中には、40代、50代の優秀な人材を確保したいという企業からの要望に基づいて、中高年の派遣登録者を対象にさまざまな取り組みをしている会社もあります。

たとえば、管理職や財務部門などの経験を要する職種に絞って、50歳以上の方を対象に派遣事業を行い雇用を斡旋するという例も見られます。

20代、30代に比べると中高年向けの求人数は確かに少なく感じますが、経験が必要な特定の分野では、50代以上でも派遣で活躍している方はいます。

派遣会社側も同年代の担当者を付けるなどの配慮をしているところもあり、ブランクがある人にもスキルや経験レベルによって派遣登録者が気後れすることなく相談相手となってくれる雰囲気を作っています。

派遣での仕事を考えている中高年の方は、まずはそのような派遣会社を探して登録し、希望職種の仕事紹介をうけみるとよいでしょう。

60代で派遣登録するならパソナ・マスターズ

60代作業員
派遣会社大手の一つ、パソナでは年代に合わせた働き方ができるシステムになっています。

例えば60代のシニアの方へは、中高年・シニア専門の「パソナ・マスターズ」がこれまでに培ったキャリアや専門的な知識、人脈などを生かして効率的にお仕事を見つけられるようしっかりサポートしてくれます。

60代といえば、ほとんどの人が定年を向かえて老齢基礎年金を受給していく年代ですが、まだまだ現役として社会で広く活躍するチャンスがあるといえるのではないでしょうか。

60代で仕事探しをするなら、派遣会社に登録してみるのも一つの方法なのです。

仕事は年齢に応じたものがあるという考え方の一方、個人の能力は一人一人異なることから、同じ年齢であっても一人一人に合った働き方が出来ることも非常に望ましいといえそうです。

日本では、2013年4月から施行された改正高年齢者雇用安定法により、60歳で定年を迎えた後も本人が希望すれば65歳まで雇用延長することが企業に義務づけられています。

そして、現段階では老齢基礎年金を受給できる年齢が65歳であることを考えれば、貯金等があっても60歳を過ぎて突然収入の道が閉ざされては生活が立ち行かなくなってしまう人も大勢います。

派遣会社パソナなら、今の自分にぴったり合った働き方をサポートしてくれます。

60歳を過ぎてから新しい環境に飛び込んで仕事をしていくことは、何かと不安に思うものです。

「パソナ・マスターズ」には、年齢を超えて活躍していくための説明会を開催しています。

派遣社員として働くことが初めてという方でも、説明会に参加することで安心してお仕事探しがスタートできるでしょう。

顧問やアドバイザーとして会社の経営を助けたり、豊富な人脈を生かして市場を開拓したり、専門的な知識を必要とする財務経理を担当するなど、これまでの正社員として培ってきた経験やスキルを生かせるさまざまな職種のお仕事が用意されています。

社会保険に関しては、60歳以降も厚生年金に加入しながら働き続ける場合、年金の一部が支給されなくなることもあります。

また、雇用保険に加入している場合に、賃金が下がるなど一定の条件を満たしている場合には高年齢雇用継続給付金が支給されることがあるので、社会保険事務所やハローワークなどでしっかり情報を確認しておくと良いでしょう。

パソナに登録する場合には、電話かwebサイトで予約の上、職務経歴書を持参して登録が必要となります。

その際に、担当者に自分のキャリアや希望を伝え、今後の働き方についてのセミナーなどに参加した後にお仕事の紹介となります。

高年齢雇用継続給付金とは
雇用保険の基本手当を受給せず、60歳以後雇用保険に加入して勤務を続け、現在の給与が60歳以前の給与の75%以下になった場合に60歳から65歳までの間支給されます。

高年齢再就職給付金とは
雇用保険の基本手当を受給し、60歳以上65歳未満の人が再就職したとき、給与が退職前の75%未満に下がった場合に受け取れます。

これは基本手当の支給残日数に応じて最長2年間支給されます。

上記2つの給付金の受給資格は、
・雇用保険の被保険者期間が5年以上あること。過去に基本手当等を受給したことがある場合は、基本手当の受け取り終了から5年以上経っていること
・60歳以上65歳未満で、なおかつ雇用保険の一般被保険者であること
・賃金が60歳時点の賃金の75%未満であること
・育児休業給付金や介護休業給付の支給対象となっていないこと。

これら4つの要件を満たす必要があります。さらに高年齢再就職給付金については
・再就職手当、または早期再就職支援金を受給していないこと
・1年を超えて引き続き雇用されることが確実であること

の2つの用件が追加されます。

注意点として、これら高年齢雇用継続給付を受け取ると年金の一部が減額されます。

高齢者の方も派遣会社に登録しましょう

最近では定年退職された高年齢者の方も派遣会社に登録されて、お仕事をされている方も増加しています。

なぜなら、派遣登録すると過去のご自身の経験からお仕事を紹介してもらえるからです。

つまり、過去の正社員としての経験を活かしたお仕事ができる可能性が高くなります。

また派遣社員は時給制で契約期間も決まっているので、ご自身の時間を有効に活用でき気軽に働けます。

人間関係なども契約期間によって変わるので、新しい人たちと出会うきっかけにもなります。

また、ご自身のライフスタイルに合わせたさまざまな希望を取り入れて仕事を選べます。

例えば、週に3日は休みたかったり、朝は10時から働きたかったり、残業はしたくなかったりなどです。

派遣社員は、アルバイトやパートの方よりも時給が良い場合が多いのも人気の理由です。

さらに、お仕事先との交渉は派遣会社がおこなってくれますのでわずらわしさも少ないです。

登録する派遣会社によっては、お仕事を探しておられる最中からお仕事につかれてからもさまざまな相談にのってくれます。

さらに、社会保険にも加入できます。70歳未満の方は、条件を満たされる場合はすべての方が厚生年金に加入する事になります。

年金を受給されている方は、お給料の額によっては年金の支給額が変わる場合がありますのでしっかりと確認しましょう。

高齢者の方は若い世代の方に比べるとお仕事量は少ないですが、さまざまな派遣会社に登録する事でお仕事が見つかる場合も多いです。

国の行政機関がおこなっているシルバー人材センターもあるので、活用して探してください。

派遣会社を見つけるには、インターネットで探されるのが便利です。一般的に派遣会社に登録するには、インターネットで各社のwebサイト、ホームページを検索します。次にホームページで、仮登録をおこないます。

その後派遣会社と日時の約束をして、派遣会社へ訪問して本登録をおこないます。

本登録の際には、これまでのお仕事経験や所有資格、自分の希望する業務内容、勤務時間、休日などを派遣会社の方に伝えていきます。

派遣会社から、その日や後日にご自身の希望にそったお仕事を紹介してもらえます。

そのお仕事をご自身が納得された場合は、お仕事の開始時期などを派遣会社と相談して決定します。

その後、派遣会社と契約してお仕事を開始します。お仕事先と雇用契約をするのではなく、派遣会社と雇用契約を行うため、雇用関係は派遣会社と結ばれます。

派遣先との契約が期限を迎え契約更新しなければ、派遣会社との契約も終了します。

新たなお仕事を探したい場合は、派遣会社に再度お仕事を紹介してもらいます。

複数の派遣会社に登録されて、お仕事を探される方も多いです。

シルバー人材センターとは
シルバー人材センターは、各市町村単位で設立されており、基本的に都道府県知事の許可を受け独立した運営を行う社団法人です。

地域の高齢者が共助し合うことによって運営され、高齢者の就業を通じて福祉の増進を目的とした団体です。

地域に密着した短期的またはその他の軽易な業務を事業所や公共団体等から引き受け、シルバー人材センターに加入している会員の希望や能力に応じて提供するというしくみです。