大学生が登録制の派遣で働くさまざまなメリット

大学生には、講義、試験、卒論、就職活動、サークル、アルバイトなどやることがたくさんありますが、夏休みや春休みなど、高校生までや社会人と比べてはるかに長い休暇があります。

そんな大学生には様々な求人情報においても職種があると評判の登録制システムの派遣の仕事がオススメです。

登録制の派遣の仕事では常に働く必要はありません。都合のよい日に都合のよい時間だけ都合のよい期間に働くことができるので、自分の予定に合わせることができます。

学生ならではの大学の講義やサークル活動があっても、無理なく働く方法がとれるのは大きなメリットです。

派遣の仕事には契約期間があり、勤務希望者は即日の勤務もできますし、短日就業といって1日だけの超短期のイベントスタッフなど単発の仕事から、半年から1年などの長期の仕事まであります。

ただし、どれも明確に終わりの日が決まっているのが、一般のアルバイト事情と違うところです。

辞める日が働く前から決まっているのであれば、それに合わせてスケジュールを立てやすいですし、辞めたいけれど辞めづらいというような思いをすることもありません。

3年生になると、大学生には就活が欠かせません。就活の目的は、当然ながら自分の志望する企業に就職することですが、学生のうちにそれが明確に定まっている人はそれほど多くありません。

しかし、卒業後は働かなければならないために、採用された企業に本意ではないものの就職して、その結果、やっぱり自分のやりたいこととは違うと感じて、早期に退職してしまうというケースもよく見られます。

結局、入社前に思い描いていたビジョンと現実との間に、大きなギャップがあることがそもそもの原因ですが、社会経験のない学生のうちにそれを理解することは簡単ではありません。

しかし、派遣でさまざまな職場を実際に体験してみれば、現実の会社がどのように運営されているのか、多少なりとも理解できるものです。

そこでの経験は、あとあと就職活動を進めるに当たって大きな財産となります。

情報収集の意味でも、派遣で働いてみることは大学生にとって有利になることが多いのです。

また、派遣で働くには派遣会社に登録し説明会に参加したり面接を受けたりすることから始まりますが、そこでは担当のコーディネーターとの意見のすり合わせや相談などが必要になります。

もちろん、派遣先が決まった後は、その企業の社員とともに働くことになります。

大学生はともすれば大学の中だけで人間関係が完結してしまいがちですが、派遣会社で年上の社会人と交流を持ち言葉を交わすことは、一般常識を身につけたり視野を広げる意味でも役に立つことが多くあります。

夏休みや春休みの時期などにはさまざまなイベントがあるので、どの派遣会社でも求人数が多くなります。

活用の仕方次第では、単なるアルバイトより今後に役立つこともあるので、とりあえず履歴書などを送って申し込み、登録だけでもしてみることをオススメします。

派遣会社はネット上のホームページやアプリから求人情報を閲覧したりエントリーも行えるので便利です。

高校生でも派遣会社に登録できるのか

アルバイトではなく派遣社員として働く場合は、派遣登録した会社から紹介してもらった会社自体と労働契約を結ぶ形ではありません。

つまり、実際に働く場となる会社と労働契約を結ぶわけではなく、派遣登録をおこなった派遣会社と自分自身との間で労働契約を結びます。

もちろん、お給料も派遣登録をした派遣会社からの支払いとなります。

派遣会社に登録し派遣社員として働く事は、高校生でも対象となりそもそも応募対象外というわけではありません。

しかし、未成年の場合は労働基準法によってさまざまな決まりがあります。例えば、具体例として1日8時間以上の労働が禁じられていたり、週40時間以上の労働の禁止、法定休日に働く事ができなかったりします。

また、働ける時間帯の規定などもあります。つまり、未成年の場合は休日出勤や残業、夜勤などができません。

その為、成人の方よりも求人が少ないのも確かです。

なぜなら、会社が派遣社員を募集する目的は急な欠員の補充や忙しくなった為に人員を増加させる場合が多いので残業を伴う場合も多いからです。

しかし高校生でも長期の夏休みや冬休み・春休み、また週末の休みを利用して働く場合は、求人が少ないとは言えません。

働く期間が短期だったり単発だったりしたとしても、インターネットサイトから派遣会社に登録をして紹介してもらえる仕事があれば、積極的に活用していきましょう。

サイトには大手かどうかを問わず派遣会社に対する評判や口コミも掲載されているので、登録前に確認しておくのもお勧めです。

派遣会社に登録する過程は、一般的にはインターネットサイトから派遣登録会社を探して仮登録をおこないます。

後日本登録をおこなう為に、約束した日時に派遣登録会社を訪問し説明会に参加したり、質問があれば話をして場合にいよっては面接をしたりします。

その際には、自分自身が働きたい仕事の希望を伝えたり、適性をチェックするためのスキルチェックをおこなったり、本登録をおこなったりします。

本登録の際には、未成年の場合は親の同意書を含め、住民票などの身分証明書や履歴書、証明写真、印鑑などが必要になる場合もあります。

本登録に必要な物を、事前によく確認しておきましょう。

本登録が済むと、その日に派遣会社から条件に合う関連の仕事がある場合は紹介してもらえる事もあります。その日に紹介されない場合は、条件に合う仕事が入り次第派遣会社から連絡が入ります。

紹介された仕事が自分自身の条件に合う場合は、就業開始日時などを相談して仕事を開始します。

また派遣会社に登録だけ済ませておき、仕事を探したい場合に代わりに探してもらう事もできます。

しかし希望に沿った求人がいつでもあるわけではないので、複数の派遣会社に登録をおこなっておくのことをお勧めします。

高校生でも派遣社員として働いている人は、たくさんいます。ある程度自分自身の希望に合った仕事をしっかりと探して、社会人の一員として先輩方に教えを請いなが働きましょう。

大人に混じって働くことで沢山の経験を積むことは、どんなかたちでも将来人生で大いに役立つでしょう。

派遣会社によっては、担当者が仕事を探している間や仕事についてからのさまざまな相談にのってくれます。

その為、仕事内容だけでなく、自分自身に合った派遣会社を探す事をお勧めします。

派遣会社は派遣登録にあたって、年齢制限を設けていません。つまり、理論上は未成年であっても、派遣社員として働くことが可能です。

しかし、親と実家暮らしの状況の未成年が働くことには、労働基準法の仕組みによりさまざまな制限があります。

日本では、日払いの警備員のアルバイトなどをはじめとする労働に従事できる最低年齢が決まっており、芸能など特殊な労働を除くと、満15歳を迎えてから最初の3月31日以降でないと働くことはできません。

また、18歳未満の者は原則として1週間40時間、1日8時間を超えた労働時間は禁止されているので残業は実質不可能です。

さらに、深夜に働くことも禁じられています。

このようにさまざまな制限が18歳未満の未成年者の労働には課せられているので、もし、高校生が派遣会社に登録しようとしても、これらの事情を説明されて審査の段階で断られる可能性があるかもしれませんが、派遣会社の連絡先にメール問い合わせなどをしてみるのはアリかも知れません。

ただし、未成年でも高校を卒業した18歳以上の人ならば、労働制限解除となり比較的責任感も備えており自分で生活をある程度はコントロールでき社会的にも相応の経験を積んでいるとみなされるのでお客様への対応も問題ないとされ、スタッフへのサポートなどで評判のよい派遣登録も可能でしょう。

多少は時間に制限がかかっても、面接などで派遣会社に責任を持ってしっかり働く意思表示が伝えられれば、仕事の紹介もしてもらえます。

しかし、契約社員を採る派遣会社側の視点で考えると、フルタイムで働ける同じ条件の求職者として未成年者と成人がいるならば、成人を採用する傾向が強いことは否定できません。

特に学生は学業がメインであるため、試験勉強など何かと都合をつけて仕事を休むのではないかと懸念されて、初めから敬遠される恐れは大いにあります。

派遣社員として働くということは、派遣会社の代表として就職先に労働力を提供するわけですから、遅刻や欠勤はもちろん甘えは許されません。

ここまでデメリットばかり述べてきましたが、未成年であっても大学生以上なら、短期間の求人では重宝されます。

学生ならば日雇い派遣の禁止という法の適用外にあるので、単発の仕事で自由時間にバリバリ働くことが可能です。

春休み、夏休み、冬休みなど長期休暇を利用すれば、もっと長い期間働きたいという要望にも応えてくれるでしょう。

派遣会社の中には、学生の登録も歓迎のところがありますから、自分のタイミングで働き方を選びたいという人にはぴったりです。

全国の派遣会社の数は、地方の小規模のものも含めると、数えきれないほどたくさんあります。

派遣の仕事に興味があると感じるならば、まずは友達や知り合いなど周囲の人と情報交換してみましょう。

また、無料の求人誌がコンビニなどに行けばありますし、インターネットサイト上には情報があふれているので、とりあえずはどんな派遣会社があるかパソコンなどで確認してみてください。

17歳で派遣会社に登録できる?

派遣会社の派遣社員として登録するのに年齢制限は特に定められてはいません。派遣会社にもよりますが、希望すれば例えば高校生の年齢である17歳であっても登録することは可能です。

手軽に閲覧できるアルバイトなどの求人誌でも、年齢について記載されていたのは過去の話となりました。

派遣社員も基本的には派遣先へ氏名や性別、健康保険や雇用保険の加入に関する情報は通知されますが、年齢はその対象ではありません。

ただし、未成年である18歳未満の場合には実年齢を派遣先に通知しなければならないことが法律で定められています。

しかし、募集や採用に当たっては年齢が17歳であることで勤務上の職種など何かの制限が加えられることはありません。

法律で定められており派遣会社にも登録できるとはいえ、17歳の人が18歳以上の人と同じような仕事に就ける可能性はそう高くはないのが現実といえます。

例えば、年齢が上がるに連れて仕事が少なくなっていくのも現実で、それが顕著にあらわれてくるのが一般的に40代以降といえるのではないでしょうか。このことからみても、やはりその年齢に適した仕事というのがあるものです。

40代に関していえば、派遣社員で働く際には18歳以下のように実年齢を通知する必要はありませんが、45歳以上であった場合には「45歳以上であること」を派遣先に通知しなければならないと法律に定められています。

とはいえ、営業サポートとしてこの年代の女性が活躍している例えば保険会社の営業事務などもあります。

また、未成年が働くとなると、労働基準監督局も目を光らせており残業や22時~翌朝5時までの深夜業は禁止されている他、重量物を取り扱うなどの有害業務が禁止されるなどの条件が加えられることになります。

これにより、実質的には派遣会社から仕事を紹介してもらうのに職種の制限が加えられるといって良いでしょう。

特に残業ができないとなると、大幅に紹介される仕事が減ってしまうのが現実です。

給与に関しても、仕事内容で待遇が大きく変わってくるのは当然のことで、何らかの事情があっても17歳となると難しい仕事に就く方法はあまりないため比較的安い給与となる上、残業代も見込めないということになってしまうのです。

このような少々厳しい現実は受け入れなければなりませんが、仕事探しをするにあたり登録できる派遣会社を探してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

若い内から社会に出て事務系の仕事であれば自分自身でエクセルなどのソフトのスキルをあげたりMOSエキスパートの資格をとるなど、事務職としての経験を積み重ねて行くことは、その次の時給などの給料面での待遇アップに必ずつながっていくでしょうし、別の業種の仕事に就いた時にもそれまでの社会経験が多いに役立つのはいうまでもありません。

派遣会社を選ぶ際には、インターネットで仕事情報や求人情報を索すると比較も容易にできるので上手に利用すると良いでしょう。

派遣会社への登録は18歳から

人材派遣会社を利用して、派遣社員として会社で仕事をするスタイルは、2004年に派遣法が改正されたことで一般的に普及することになりました。

働く側は、自分の希望通りの職種に就くことができ、業務の範囲が極めて明確であることなどのメリットがあり、スキルに応じた給与を支払ってもらえることから、新しい働き方として定着しています。

派遣で働くことに対して適用される法律は労働基準法で、雇用に関してはこれに準じることになっています。

労働基準法では、最終学歴として中学卒業しであれば就労することができるため、派遣で働くことは中卒であれば原則としては可能です。

ただし、午後10時からの深夜業が禁止され就労不可となっていたり、重量物などを取り扱う有害業務と呼ばれる職種に就くことは禁じられています。実際には、派遣会社に登録できるのは18歳以上です。

派遣業務は基本的に、一定のスキルがあり資格取得済みで職歴のある人を専門家として会社が雇用する制度です。

具体例で説明すると通訳や翻訳など取得資格を活かした専門職、コールセンターやPC業務などの事務職、フォークリフトや会社の役員車の運転などといった作業系、特殊な技能を必要とする職種における雇用に、派遣会社から人を雇うというのが基本的な考え方です。

そのため、ほとんどの派遣会社では、一般求人と同じく、仕事依頼をする求人募集の雇用は18歳以上の社会人として責任を持てると思われる年齢からの採用になっています。

派遣とアルバイトとの違いは、こうした専門性があることや、社会人としての自覚や責任を持っていることにあります。

派遣社員は、トップスポットやフルキャストなどの派遣元となる会社に雇用され、そこから派遣先の会社や企業に専門職として就くことになります。

アルバイトでも一部では請負という形を取る会社がありますが、長期で継続的に同じスタッフを派遣して、雇用保険や福利厚生をサポートするのが、派遣社員という雇用方法です。

基本的に派遣社員は、その職種の経験者として企業に紹介され、雇用されます。即戦力となる人を適切な時期に採用して活用するためのシステムです。

近年では、新卒派遣と言われる、高校や大学を出たての人を未経験のまま採用するというケースが増えています。

派遣社員として働いてもらいながら、人材として育てるというスタイルです。

一定期間派遣社員として働いて、派遣先と非雇用者、また派遣会社との折り合いがつけば、そこから派遣先の会社が正社員として雇用するやり方です。

こういった制度を利用することで、雇用者である会社は、人を見極めながら将来の人材を育てることができ、被雇用者である派遣社員も自分のスキルを高めながら、会社での適性を見定めた上で選択できるというお互いの条件にあった雇用や仕事ができるといったメリットがあります。