1月、2月、3月にかけての派遣登録のススメ

派遣会社への登録は1月からがいいのか

派遣会社に登録して派遣社員としてお仕事したいとお考えの方は、いつ派遣会社に登録すれば良いのか迷われる方も多いです。現在企業に就業中の方も求職中の方も派遣での求人を探される場合は、派遣登録を先に済ましておきましょう。

一般的に派遣会社の求人が増加するのは、企業でボーナスが支払われる頃や新しい年度が始まる頃になります。なぜなら、ボーナスを受けとってから退職される方や年度末となる3月を区切りに退職される方も多いからです。

その為、それらの時期に合わせて求人も増加してきます。また、派遣社員の契約期間は通常3ヶ月で契約満了となる事が多い事も把握しておきましょう。

その為、3月や6月、9月、12月などに求人数が増加する傾向にあります。

新年度に合わせて派遣社員の求人を探される方たちは、1月あたりから徐々に増加していきます。1月の求人量は少し少なめですが、応募倍率は低くなります。2月から求人量は、徐々に増えていきます。

3月になると求人量が一番多くなりますが、応募倍率は高くなります。派遣会社の方が求めておられる人材はさまざまありますが、なかでも重要視されるのが即日で働く事が可能な方です。

なぜなら、派遣の求人は突発的な欠員の補充である事が多いからです。しかし求職中の方でも、現在働いておられる方は今の職場を急に退職されて新たな職場で即日から働く事は不可能です。

その為、即日勤務に対応可能な求職者は少ないので重宝される事が多いです。

つまり、1月頃に現在の勤務先に退職の意思表示を示されて、2月から3月の求人の多い時期に即日勤務の意思を示しながら求職活動をされるのが良いでしょう。

しかし、必ず自分の希望とする条件に合った求人があるわけではないので、希望求人がなかった場合にどうするかはよく検討しておく必要があります。

現在派遣社員として働いておられる方は、どれだけ長期間働いておられても一般的に3ヶ月ごとの契約を更新されています。

派遣先の会社と更新をしない場合は、契約終了時の1ヶ月前までに派遣会社にその意思を伝えます。

また、派遣先の会社から派遣会社を通じて契約終了時の1ヶ月前までに通達される場合もあります。

そのような場合は、現在登録している派遣会社に次の派遣先を紹介してもらうか、別の派遣会社に登録して派遣先を紹介してもらう必要があります。

もちろん、状況によってはアルバイトや正社員として求職活動をおこなう事も選択肢のひとつです。

ご自身の希望する求人先と出合えるかは、タイミングや運も大きいです。

ご自身の優先順位をよく検討して、派遣登録されている担当社員の方ともよく相談しながら最適な職場で働けるように探していきましょう。

勤務条件によっては派遣社員でも雇用保険や健康保険などの社会保険に加入可能ですので契約条件を確認しておくと良いでしょう。

また、ビジネス知識やスキルアップ講座、健康診断など派遣会社によって福利厚生に違いがあるのでそういった所も確認してみましょう。

2月から派遣会社へ登録するのは遅いのか

新年度から新たな職場で派遣社員として仕事を始めたい方は、派遣会社に登録する時期について悩まれる方も多いです。求職活動を2月から始めたいと考えられている方は、先に派遣会社に登録しましょう。

派遣会社に登録するのは、転職を考えられた時点でおこなわれるのが良いでしょう。派遣会社への登録自体は、現在就業中であってもなんら問題がありません。

その為、求職活動を始めてから素早く登録派遣会社に仕事を紹介してもらえる様に準備しておく必要があります。

新年度からの求人は、一般的に1月から徐々に増加していきます。3月になると、更に多くなり求人量のピークに達します。

その為、ご自身の希望する条件に合った求人を探す為にも2月に求職活動ができる様にしておく事が大事です。

通常派遣会社に登録するのには、インターネット上のWEBサイトで仮登録をおこなってから派遣会社に訪問して本登録をおこないます。

本登録の日にお仕事を紹介される場合もありますが、後日になる場合もあります。このように、実際に新たに派遣社員としてのお仕事を紹介していただくまでには時間がかかります。

その為、登録自体は先にすましておき、新たに派遣社員として働く事ができる時期をしっかりと伝えておく事が大切です。

すると、円滑に就職活動ができるので2月からお仕事を紹介してもらいやすくなります。

また、紹介いただいたお仕事がご自身の希望にあっているのかどうかの検討もゆっくりと落ち着いておこなえます。

派遣社員の方のお仕事は、一般的にどんなに長期で働いている方でも3ヶ月ごとの契約更新をおこなっておられます。

その為、派遣契約の契約期間は通常3ヶ月きざみが多く、3月や6月、9月、12月には求人が増加する傾向にあります。

派遣先の会社も派遣社員として働かれている方も契約更新の意思がない場合は、契約満了の1ヶ月前に派遣会社を通じてその旨を通達します。

そのような場合に新たに派遣先を探される方は、現在登録されている派遣会社に新たに次の派遣先を紹介してもらう方法もあります。

また、別の派遣会社に登録して派遣先を紹介してもらう方法も良いでしょう。

派遣会社によってさまざまな特徴がありますので、ご自身の希望求人の職種や業種、内容によって派遣会社を選ばれている方も多いです。

また、希望求人に出合えるのは運やタイミングも大きいので、何社か派遣会社に登録されて求人を探されるのも良いでしょう。

求人が増加する時期には、しっかりと求職活動がおこなえる様に前もって登録をすまし、予定を組んで状況を調整しておきましょう。

ディップの派遣情報 はたらこねっと よくわかる派遣会社比較
http://www.hatarako.net/contents/choice/01/

仕事紹介の部分で派遣会社を選択するのは大事ですが、それ以外の派遣スタッフへのサポートや担当者によるフォロー、福利厚生などの保障で派遣会社を選択するのも良いでしょう。こちらのページでは2000人の口コミによるランキングや先輩スタッフによるQAが掲載されています。

キャリアライズ テンプグループの総合人材サービス会社
http://www.career-rise.co.jp/

はたらこねっとのランキング上位のテンプグループによる人材派遣会社です。こちらの派遣会社では登録者は特別価格でビジネスマナーやOA講座、語学学習を受けることも出来る、テンプオープンカレッジを開催しています。

リゾートバイトで稼ぐ!遊ぶ!体験する! リゾバ.com
http://www.rizoba.com/

リゾートホテルや大自然に囲まれたレストランなどリゾート地での勤務を探すことの出来る情報検索サイトです。他のサイトより情報数は少なめながら、海や山などのリゾート地でのお仕事を探せるのはただ働くというだけでなく、勤務後の楽しみも得ることが出来るでしょう。

ディップのバイト情報 バイトル
http://www.baitoru.com/

こちらは派遣だけでなくアルバイト先も捜せる求人情報検索サイトです。日本全国で8万件を超える求人案件数はかなりのもの。給与や勤務期間などの条件から短期の仕事も探せるので次の派遣先が決まるまでの短期間のお仕事を見つけるという風に利用できるでしょう。

求人件数が増える4月を前に派遣会社への登録は3月がおすすめ

派遣で働こうと思っている人にとって、求人量が時期によって違いがあるのかどうかは気になる問題です。

3月から新しい派遣先でスタートを切りたいと思っていても、現在正社員であれ派遣社員であれ、何らかの仕事に就いているのなら、求人件数が落ち込む時期に今の仕事を辞めると、なかなか次の仕事が見つからないという状態になりかねません。

いつ今の仕事を辞めて、いつ派遣会社に登録するべきなのか、慎重になる気持ちは当然です。

派遣は地域や職種によって、求人件数や求人時期に差があるので、すべてに当てはまるわけではありませんが、一般的な傾向として求人件数が多くなる時期はあると言えます。4月、7月、10月がそれに当たります。

日本の企業は大半が3月が決算月となり、4月が新年度のスタートになります。

そのため、正社員、派遣社員にかかわらず、4月に求人件数がもっとも多くなります。

また、派遣の仕事では、3ヶ月単位で雇用契約を結ぶ形が多くなっています。4月スタートの派遣社員は6月末で雇用契約がいったん切れることになります。

契約更新しない人も出てくるため、7月にも企業は穴埋めの人材を必要とする状態が発生するのです。

10月に求人件数が増えるのも同じことで、7月からの3ヶ月契約ならば9月末で契約切れなので、10月から新たな人材を必要とします。

求人情報の数だけを見れば4月がピークということになりますが、4月には新しく仕事を始めようという人が増えるので、派遣会社への登録者数もこの時期がピークになります。

よって、応募倍率が高くなるので、求人件数が多いわりにスムーズに採用されにくいこともあり得ます。

というわけで、派遣会社に登録する時期は3月がおすすめです。4月ほどではないものの、3月には求人件数が多くなってきます。

また、決算時期のため繁忙期にも当たりますし、年度内で仕事を辞める人の引き継ぎもあるので、普段以上に多くの人手を必要とする職場はたくさんあります。

ただし、実際に働きたいのは4月からだけれど、登録だけは早めに済ませておこうという考えの人よりも、即日勤務開始できるという人の方が、派遣会社では重宝されます。

派遣の現場では、急に欠員が出たり交代を頼まれたり等と言った事情により、登録時に即日働ける人ほど有利になります。

その場合、必ずしも自分が希望する仕事内容の派遣先が回ってくるわけではないので、リスクもありますが、3月登録で即日OKという形になるように、もし今、働いている職場があるのならば、2月いっぱいで辞める意思を上司に話し、調整した方がよいでしょう。

派遣の分類
一般労働者派遣
派遣会社にスタッフとして登録し、紹介を受けて派遣先企業が存在する時だけ雇用契約が生じる形態を、登録型派遣・一般労働者派遣といいます。また、30日より短い派遣期間の場合日雇い派遣とも呼ばれます。人材派遣会社と聞いて思い浮かぶのは通常はこちらになるでしょう。

特定労働者派遣
派遣会社と雇用契約を結ぶ派遣契約を常用型派遣・特定労働者派遣と呼ばれます。こちらは特に専門性の高い技能を持つ人材が扱われることが多いです。

派遣期間の制限
2015年6月現在の労働派遣法では一般、特定両者共に同一派遣先には最長3年間までという制限があります。